(最終更新日:2023-02-07 22:44:51)
  マツイ タケシ   Takeshi Matsui
  松井 毅
   所属   応用生物学部 応用生物学科
   職種   教授
■ 職歴/学内役職・委員
1. 1997/04~2000/03 日本学術振興会 特別研究員
2. 2000/04~2006/09 株式会社カン研究所 皮膚疾患研究グループ 主幹研究員
3. 2006/10~2006/10 京都大学 医学部 産学官連携研究員
4. 2006/11~2007/03 大阪大学 大学院 医学系研究科 特任研究員
5. 2007/04~2007/10 大阪大学 大学院 生命機能研究科 分子細胞情報学講座 助教
全件表示(13件)
■ 専門分野
細胞生物学, 皮膚科学, 進化生物学, 医化学, 応用生物化学, 発生生物学, 形態、構造 (キーワード:細胞生物学、皮膚科学、進化生物学) 
■ 著書・論文歴
1. 2022/11 論文  Microbiota-independent spontaneous dermatitis associated with increased sebaceous lipid production in Tmem79-deficient mice. J Invest Dermatol 142(11),pp.2864-2872 (共著) 
2. 2022/05 論文  Novel electron microscopic staining method using traditional dye, hematoxylin Scientific Reports  (共著) 
3. 2022/04 論文  Increase in the Intracellular Bulk Water Content in the Early Phase of Cell Death of Keratinocytes, Corneoptosis, as Revealed by 65 GHz Near-Field CMOS Dielectric Sensor Molecules  (共著) 
4. 2022 著書  美容皮膚科を学ぶために知るべき皮膚バリアの形成機構 新しい美容皮膚科学 28-34頁 (共著) 
5. 2022 その他  角化における皮膚表皮顆粒層細胞の機能的細胞死 皮膚科 2,369-376頁 (単著) 
全件表示(58件)
■ 学会発表
1. 2022/05/18 Corneoptosis, functional keratinocyte cell death, is tightly associated with spaciotemporal dynamics of epidermal tight junctions(Society for Investigative Dermatology)
2. 2021/12/07 A unique mode of functional cell death in stratum granulosum cells, corneoptosis(The 51st NIPS International Symposium, Frontiers in Epithelial Cell Biology)
3. 2021/12/03 A unique mode of functional keratinocyte death, corneoptosis requires intracellular acidification(日本研究皮膚科学学会 第46回年次学術大会・総会) Link
4. 2021/12/02 K15プロモーターにより皮膚毛包特異的に発現するkB-Rasはがん抑制タンパク質として機能する(第44回日本分子生物学会年会)
5. 2021/09/23 A unique mode of functional cell death in stratum granulosum cells, corneoptosis(50th Annual European Society for Dermatological Research Meeting-Virtual)
全件表示(15件)
■ 講師・講演
1. 2022/03/09 皮膚表皮バリア形成機構の形態学的動態解析(オンライン)
2. 2021/09/17 Dissecting the epidermal barrier function and its evolution(ONLINE) Link
3. 2022/06/12 皮膚ケラチノサイトの新しい細胞死:corneoptosisについて
4. 2022/06/18 皮膚のはたらきはどのように進化してきたのか?
5. 2022/06/29 皮膚ケラチノサイトの新しい細胞死:corneoptosisについて
全件表示(7件)
■ 取得特許
1. テラヘルツ波を用いた細胞評価用の媒質(特許第6958858号)
■ 海外活動
●海外研究活動の為の渡航回数(前年度実績)
 在留期間2週間以上のもの   計  1  回
 在留期間2週間未満のもの   計  1  回
●海外での国際会議、学会への出席回数及び発表回数(前年度実績)
 諸費用の主たる負担者   出席回数   発表回数
 主催者  0  回  0  回
 外国機関  0  回  0  回
 文部科学省・日本学術振興会  0  回  0  回
 文部科学省・日本学術振興会以外の政府関係機関  0  回  0  回
 所属機関  0  回  0  回
 財団等(寄付金・委任経理金含みます)  0  回  0  回
 自費  0  回  0  回
 計  0  回  0  回
●国際的な学会で使用する外国語
 口頭発表に主に用いる言語   英語  
 論文の執筆に主に用いる言語   英語  
■ 所属学会
1. 1995~ 日本生化学会
2. 1996~ 日本細胞生物学会
3. 2015~2016 ∟ 評議員
4. 1997~ 日本分子生物学会
5. 2004~ 日本研究皮膚科学会
全件表示(12件)
■ 研究課題・受託研究・科研費
1.   共同研究 国内共同研究 
■ ホームページ
   https://takeshi-matsui-lab.bs.teu.ac.jp