(最終更新日:2021-11-18 16:04:19)
  アイノヤ タケオ
  相野谷 威雄
   所属   デザイン学部 デザイン学科
   職種   専任講師
■ 職歴/学内役職・委員
1. 1997/04~2014/04 デザイン事務所 ACaD
2. 2000/04~2003/03 武蔵野美術大学 基礎デザイン学科研究室 教務補助員
3. 2003/04~2007/03 武蔵野美術大学 工芸工業デザイン学科研究室 助手
4. 2007/04~2013/06 首都大学東京 システムデザイン学部 インダストリアルアートコース 助教
5. 2013/07~2020/03 首都大学東京 システムデザイン学部 インダストリアルアートコース 特別講師
全件表示(11件)
■ 専門分野
デザイン (キーワード:デザイン)  Link
■ 著書・論文歴
1. 2020/07 論文  Examination of communication tools for " The left-behind children " Stephanidis C. et al. (eds) HCI International 2020 – Late Breaking Papers: Interaction, Knowledge and Social Media. HCII 2020. Lecture Notes in Computer Science, vol 12427. Springer, Cham. https://doi.org/10.1007/978-3-030-60152-2_6 pp.77-87 (共著) 
2. 2020/07 論文  Hearing method for user requirement extract in participatory design -designing for service involving local residents- Yamamoto S., Mori H. (eds) Human Interface and the Management of Information. Designing Information. HCII 2020. Lecture Notes in Computer Science, vol 12184. Springer, Cham. https://doi.org/10.1007/978-3-030-50020-7_20 290-300頁 (共著) 
3. 2020/07 論文  Research on Payment UX Status during the Share Cycle Services between Japan and China Stephanidis C. et al. (eds) HCI International 2020 – Late Breaking Papers: Interaction, Knowledge and Social Media. HCII 2020. Lecture Notes in Computer Science, vol 12427. Springer, Cham. https://doi.org/10.1007/978-3-030-60152-2_39 522-534頁 (共著) 
4. 2020/07 論文  The Research of Regional Cultural Image of China -- Exemplifying with Guandong Culture Area -- Stephanidis C. et al. (eds) HCI International 2020 – Late Breaking Papers: Interaction, Knowledge and Social Media. HCII 2020. Lecture Notes in Computer Science, vol 12427. Springer, Cham. https://doi.org/10.1007/978-3-030-60152-2_10 pp.117-132 (共著) 
5. 2020/07 論文  User Experience Analysis for Visual Expression Aiming at Creating Experience Value According to Time Spans Stephanidis C., Kurosu M., Degen H., Reinerman-Jones L. (eds) HCI International 2020 - Late Breaking Papers: Multimodality and Intelligence. HCII 2020. Lecture Notes in Computer Science, vol 12424. Springer, Cham. https://doi.org/10.1007/978-3-030-60 pp.363-373 (共著) 
全件表示(30件)
■ 学会発表
1. 2021/10/28 serBOTinQ UX Workshop for GSIS(International Symposium on Community-centric Systems 2021)
2. 2021/10/08 ひといちばい敏感な子ども(HSC/Highly Sensitive Child)とその親の関わりにおけるプロダクトの必要性に関する研究と製品開発について(ADADA Japan 2021)
3. 2021/10/08 工業デザイン教育におけるハイフレックス型演習授業の実践報告(ADADA Japan 2021)
4. 2021/10/08 工業デザイン教育によるデジタルを活用したABW(またはABS)の可能性について(ADADA Japan 2021)
5. 2021/10/08 高齢者を対象とした地方版MaaSのコミュニケーションモビリティデザイン(ADADA Japan 2021)
全件表示(17件)
■ 展覧会・演奏会・競技会等
1. 2016/10/04~2016/10/07 民泊のためのサービスロボット(CEATEC2016)
2. 2018/05/01~2018/08/31 文部科学省情報ひろば「企画展示室」におけるKADENprojectの展示(文部科学省情報ひろば)
3. 2019/05/22 JECA FAIR 2019 ~第67回電設工業展~
■ 講師・講演
1. 2015/02/20 触覚的側面から見た魅力ある製品の感性評価ーユーザエクスペリエンスの役割、CMFデザイン、製品開発への応用可能性ー
2. 2016/03/30 CMFデザインと感性価値
3. 2018/03/06 感性の評価セミナー
4. 2018/06/11 人間工学の手法をデザインに応用する−エビデンスを活用したデザイン開発手法−
5. 2019/02/20 感性の評価セミナー
全件表示(8件)
■ 取得特許
1. 2012/12/27 音声出力装置(特開2012-257049(P2012-257049A))
2. 2018/09/20 ドアシステム、およびドアシステムを用いた監視方法(特開2018-147452(P2018-147452A))
■ 教育上の能力
●教育に関する発表
1. 2018/05/01 文部科学省情報ひろば「企画展示室」 KADEN PROJECT 2017
●その他教育活動上特記すべき事項
1. 大学におけるサービスロボットインキュベーション組織の企画運営 Link
■ 職務上の実績
●実務の経験を有する者についての特記事項
1. 2021 企業における中期経営計画の策定
2. 2020 農業用ロボットのデザイン
3. 2019 照度測定ロボットの開発
4. 2019 作業用冷却装置開発業務
5. 2019 遠隔環境での共創設計のためのツールデザイン
全件表示(12件)
■ 社会における活動
1. 2014~ 企業におけるブランド・デザイン経営に関するコンサルティング業務
2. 2017~ 実業団スポーツチーム「アランマーレ」の外部アドバイザー
■ 所属学会
1. 2010/11~ 日本バーチャルリアリティ学会
2. 2015/09~ 日本人間工学会アーゴデザイン部会
3. 2017~ 自動車技術会
■ 受賞学術賞
1. 2021/10 日本サインデザイン協会(SDA) 第55回日本サインデザイン賞 東北地区デザイン賞 (山形BPOパーク)
2. 2021/10 ADADA Japan 2021実行委員長 ADADA Japan 2021 優秀発表賞 (「工業デザイン教育におけるハイフレックス型演習授業の実践報告」)
3. 2019 【JECA FAIR 2019】第58回 製品コンクール (一社)日本電設工業協会 奨励賞
4. 2016/12 第2回China Design Intelligence Award 佳作
5. 2016/03 2015年度人間工学コロキウム 最優秀発表賞
全件表示(7件)
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2021/04~2024/03  ロボットデザイン開発における創造性創出・共有システムの構築 基盤研究(C)