(最終更新日:2021-04-28 12:07:25)
  アキモト カズヤ
  秋本 和哉
   所属   医療保健学部 臨床工学科
   職種   助手
■ 職歴/学内役職・委員
1. 2011/10~2013/03 桐蔭横浜大学 インディカフェスタッフ
2. 2012/04~2012/07 東京工科大学 実験TA
■ 専門分野
生体医工学 (キーワード:臨床工学、医用工学、自然言語処理、AI) 
■ 著書・論文歴
1. 2020/09 論文  尿素の吸熱反応による血液透析バスキュラーアクセスの針穿刺痛軽減用冷却パッドの提案 生体医工学 58(6),238-242頁 (共著) 
2. 2020/09 その他  在宅血液透析における自己穿刺手技の補助を目的としたレーザーによる位置表示機能を備えたデバイスの開発 生体医工学シンポジウム2020 予稿集  (共著) 
3. 2020/03 その他  AIを用いた国家試験問題解析 ―自然言語処理による基礎検討- 電子情報通信学会総合大会予稿集  (共著) 
4. 2019/12 その他  AIを利用した医工学系資格検定に対する教育環境改善に向けた基礎検討 生体医工学  (共著) 
5. 2019/12 その他  医工学系資格検定に対する教育環境改善に向けた自然言語処理を用いた取り組み 生体医工学  (共著) 
全件表示(14件)
■ 学会発表
1. 2020/09/18 在宅血液透析における自己穿刺手技の補助を目的としたレーザーによる位置表示機能を備えたデバイスの開発(生体医工学シンポジウム2020)
2. 2020/03/17 AIを用いた国家試験問題解析 ―自然言語処理による基礎検討-(電子情報通信学会 総合大会)
3. 2019/11/30 在宅血液透析におけるボタンホール穿刺法の補助を目的とした自己穿刺補助デバイスの開発(日本生体医工学会関東支部 若手研究者発表会2019)
4. 2019/09/06 Antithrombotic catheter using the friction electrostatic charge electret(生体医工学シンポジウム2019)
5. 2019/09/06 レーザーによる位置表示機能を備えた在宅血液透析向け自己穿刺補助デバイスの開発(生体医工学シンポジウム2019)
全件表示(15件)
■ 教育上の能力
●教育方法の実践例
1. 2013/07~ 医療科学の基礎I・IIに関する活動
2. 2015/04~2017/08 「医用機器実習」に関する活動
3. 2015/04~2018/03 「生体機能代行装置実習II」に関する活動
4. 2015/04~ 「生体機能代行装置実習I」に関する活動
5. 2015/12~ 臨床工学技士国家試験対策に関する教材作製及び講義
●作成した教科書、教材
●その他教育活動上特記すべき事項
全件表示(14件)
■ 職務上の実績
●その他職務上特記すべき事項
1. 2015/03~ 学生メーリングリストの運用
2. 2015/03~2015/06 新カリキュラム作成に関する業務
3. 2015/04~ 臨床実習関連業務
4. 2015/08~ 臨床実習指導者会議における活動
5. 2016/06~2016/06 セミナースタッフとしての活動
全件表示(8件)
■ 所属学会
1. 2014/04~ 日本人工臓器学会
■ 受賞学術賞
1. 2010/12 材料技術研究協会討論会 ポスター賞奨励賞 (「光造形法による3Dモデルを用いた手術シミュレーション」)
2. 2011/12 材料技術研究協会討論会 ポスター賞奨励賞 (「光造形法による3Dモデルを用いた手術シミュレーション」)
3. 2012/12 材料技術研究協会討論会 ポスター賞奨励賞・ゴールドポスター賞 (「光造形法による3Dモデルを用いた手術シミュレーション」)
4. 2020/09 日本生体医工学会 生体医工学シンポジウム ベストリサーチアワード (尿素の吸熱反応による血液透析バスキュラーアクセスの穿刺痛軽減用冷却パッドの提案)
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2020/04~2022/03  在宅血液透析向け自己穿刺補助デバイスの開発 若手研究 
■ 資格・免許
1. 2010/10 第2種ME技術実力検定
2. 2012/05 臨床工学技士