(最終更新日:2021-12-16 16:27:35)
  アサウミ クルミ   kurumi asaumi
  浅海 くるみ
   所属   医療保健学部 看護学科
   職種   助教
■ 専門分野
高齢者看護学、地域看護学 (キーワード:がん、サイコオンコロジー、終末期ケア、在宅) 
■ 著書・論文歴
1. 2021/12 著書  第Ⅴ章 在宅終末期ケア 1.在宅看取りとエンゼルケア 在宅看護技術 第4版  (共著) 
2. 2021/11 その他  ARCSモデルを活用した学内実習の仕掛けと工夫-在宅看護学実習(訪問看護ステーション)の取り組み- 看護教育 62(11),1054-1058頁 (共著) 
3. 2021/01 論文  薬物療法中に複数の症状を抱えた転移・再発乳がん患者の予後を見据えた外来看護の実践と困難 日本がん看護学会誌 35,1-9頁 (共著) 
4. 2020/07 その他  地域包括ケアシステムにおける訪問看護師の役割と訪問看護の実際 臨床老年看護 27(4),98-105頁 (共著) 
5. 2020/04 論文  海外文献における遺伝性腫瘍に関する遺伝カウンセリングの動向 四国医学雑誌 76(1,2),45-54頁 (共著) 
全件表示(13件)
■ 学会発表
1. 2021/09/18 Guideline in progress - がん患者さんの気持ちのつらさガイドライン(第34回日本サイコオンコロジー学会)
2. 2021/09/18 非薬物療法の最新エビデンスをがん患者支援にどう活かす? -がん患者に対する意思決定支援/Advance care planningのエビデンス-(第34回日本サイコオンコロジー学会)
3. 2021/04/16 Investigation on the timing of the end-of-life discussion by home-visit nurses in Japan(EAST ASIAN FORUM OF NURSING SCHOLORS CONFERENCE 2021)
4. 2020/02/22 外来薬物療法中に多重的な苦痛を生じた転移・再発乳がん患者への看護実践および実践上の困難に関する研究(第34回日本がん看護学会学術集会)
5. 2018/02/03 外来化学療法を受ける転移再発乳がん患者の症状クラスターの主観的体験と対処に関する研究(第32回日本がん看護学会学術集会)
全件表示(12件)
■ 所属学会
1. 2011/04~ 日本がん看護学会
2. 2011/06~ 日本サイコオンコロジー学会
3. 2015/04~2016/03 ∟ 代議員
4. 2018/04 ∟ ガイドライン委員会委員
5. 2018/04 ∟ 若手研究推進委員会委員
全件表示(6件)
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2011/12~2012/12  外来化学療法を受ける再発大腸がん患者の主体的な療養生活を目指した看護支援モデルの作成に関する研究 その他の補助金・助成金 
2. 2012/06~2014/03  外来化学療法を受ける再発大腸がん患者の問題解決療法による看護支援プログラムの開発 その他の補助金・助成金 
3. 2014/09~2016/03  外来化学療法を受ける再発がん患者の多重症状の緩和に向けた看護プログラム開発の予備研究 科学研究費(研究活動スタート支援) 
4. 2016/04~2020/03  外来化学療法を受ける再発乳がん患者の多重症状の緩和に向けた看護プログラムの開発 科学研究費(若手研究B) 
5. 2020/04~2023/03  訪問看護師が主導する慢性疾患患者の在宅エンドオブライフケアプログラムの開発 若手研究 
■ 資格・免許
1. 2005/04/26 看護師免許(第1330820号)
2. 2005/04/26 保健師免許(第129919号)