(最終更新日:2022-02-01 07:50:51)
  トモリ コウノスケ
  友利 幸之介
   所属   医療保健学部 リハビリテーション学科 作業療法学専攻
   職種   准教授
■ 著書・論文歴
1. 2022 論文  Characteristics of meaningful activities in community-dwelling Japanese older adults with pre-frailty and frailty. Arch Gerontol Geriatr  (共著)  Link
2. 2022 論文  The Use of Occupation-Based Intervention Among Malaysian Occupational Therapists: A Focus Group Discussion The World Federation of Occupational Therapists Bulletin  (共著) 
3. 2022 論文  Why it is so difficult to apply Occupation-Based Intervention? A survey of Malaysian Occupational Therapists Brazilian Journal of Occupational Therapy  (共著) 
4. 2021 著書  EBP(Evidence based practice) 作業で紡ぐ上肢機能アプローチ 10-13頁 (共著) 
5. 2021 著書  作業で紡ぐ上肢機能アプローチ   (共著)  Link
全件表示(138件)
■ 学会発表
1. 2021/07/28 Perceived Barriers in Implementing Occupation-Based Intervention (OBI) among Malaysian Occupational Therapists: Mixed-methods study(9th Asian Conference on Environment-Behaviour Studies)
2. 2020/09/25 再面接における作業に焦点を当てた目標設定に影響を与える要因の探索的研究(会議録)(54回 日本作業療法学会)
3. 2019/09 回復期リハビリテーション病棟におけるクライエントと作業療法士の目標一致度が入院日数に与える影響の検討(第53回日本作業療法学会)
4. 2019/09 興味ある作業を自己選択することは課題の認知処理反応を促進する(第53回日本作業療法学会)
5. 2019/09 訪問作業療法にて仕事への復帰を支援した事例(第53回日本作業療法学会)
全件表示(126件)
■ 講師・講演
1. 2012/09 作業療法の新しいカタチ
2. 2013/09 OBPのイノベーション(シンポジウム)
3. 2014/05 参加を促すトップダウンアプローチ
4. 2014/09 作業に焦点を当てた実践における ADOCの活用
5. 2014/11 作業を基盤とした実践
全件表示(25件)
■ 所属学会
1. 2003/04~2005 理学療法科学学会
2. 2005/06~2008 日本体力医学会
3. 2006/09 日本作業療法研究学会
4. 2009/12 ∟ 雑誌 査読委員
5. 2015/11 ∟ 雑誌 副編集長
全件表示(9件)
■ 委員会・協会等
1. 2000/04~ 日本作業療法士協会 入会
2. 2011/04~ 日本作業療法士協会 学術部員
3. 2012/04~2017/03 日本作業療法士協会 学術誌 作業療法 第一査読協力員
4. 2014/03~ 日本作業療法士協会 学術部 定義改定委員
5. 2014/08~ 日本作業療法士協会 教育部 作業療法学全書編集委員
全件表示(8件)
■ 受賞学術賞
1. 2010 Excellent Paper Award from Journal of Physical Therapy Science [Effect of neuromuscular electrical stimulation of denervation muscle on the mRNA expression of IGFs in rat skeletal muscle and sciatic nerve] Excellent Paper Award from Journal of Physical Therapy Science [Effect of neuromuscular electrical stimulation of denervation muscle on the mRNA expression of IGFs in rat skeletal muscle and sciatic nerve]により受賞
2. 2021 Malaysian Occupational Therapist National Conference Live Oral Presentation Category Award (Functional Recovery of Distal Radius Fracture (DRF): A Scoping Review)
3. 2021 第55回 日本作業療法学会 優秀演題賞 (訪問リハに従事する作業療法士が対象者の活動・参加レベルの目標達成を支援する径路ー複線径路等至性アプローチ(TEA)による分析ー)
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2007~2008  除神経筋への電気刺激が筋萎縮と神経再生に及ぼす影響-異なる刺激強度による検討- 科研費 若手研究B 
2. 2009  利用者主体のケアプラン作成に関する研究ーケアプラン作成用のiPadアプリの開発とモデル事業の実証- その他の補助金・助成金 
3. 2010~2011  患者中心の作業療法を実践するための作業療法意思決定支援パソコンソフトの開発研究 科研費 若手研究B 
4. 2010  作業選択意思決定支援ソフトの内容妥当性の検討 その他の補助金・助成金 
5. 2011~2013  回復期リハビリテーション病棟における新しい目標設定のモデル構築 科研費 基盤研究C 
全件表示(21件)
■ 資格・免許
1. 2002/09 福祉用具プランナー
2. 2009/11 Assessment of Motor and Process (AMPS)認定評価者
3. 2015/08 児童発達支援管理責任者 取得