(最終更新日:2022-02-01 10:30:09)
  オギノ ミノル
  荻野 稔
   所属   医療保健学部 臨床工学科
   職種   専任講師
■ 専門分野
生体医工学 (キーワード:バイオマテリアル、臨床工学) 
■ 著書・論文歴
1. 2020/09 論文  血液浄化療法の感染症対策における臨床工学的検討   (単著) 
2. 2019/08 論文  Triboelectric Charging of Polytetrafluoroethylene Antithrombotic Catheters Journal of Artificial Organs  (単著) 
3. 2018/12 論文  Preservation of hydrogen dissolved in hemofiltration replacement fluid and hydrogen permeability of kemofiltwation membranes Journal of Society for Technology of Blood purification 26(2),pp.151-160 (単著) 
4. 2017/03 論文  エレクトレットを用いたダブルルーメンカテーテル開発に向けた基礎研究 医工学治療 29(2) (単著) 
5. 2009/03 論文  エレクトレットを用いた透析回路内凝血対策法の開発   (単著) 
全件表示(16件)
■ 学会発表
1. 2021/11/26 CRRTにおける血管内留置カテ-テルを想定したエレクトレットチュ-ブを用いた抗血栓性の検討(第59回日本人工臓器学会)
2. 2021/10/02 持続緩徐式血液濾過器における水素透過性の検討(第32回日本急性血液浄化学会学術大会)
3. 2019/10/13 水素溶存血液濾過補液開発を想定した有用性の検討(第25回日本HDF研究会学術集会)
4. 2019/06/06 臨床工学からのアプローチ~水素を用いた血液濾過法の検討(第58回日本生体医工学会)
5. 2017/10/01 溶存水素透析濾過用補充液を想定した基礎研究(第23回日本HDF研究会学術集会)
全件表示(53件)
■ 講師・講演
1. 2014/06/15 阪神大震災時に透析スタッフとして経験した教訓と今後の課題について(神戸)
2. 2014/01/19 研究活動の意義と進め方(東京)
3. 2013/01/20 研究活動の意義と進め方(東京)
4. 2012/01/19 研究活動の意義と進め方(東京)
5. 2011/01/18 研究活動の意義と進め方(東京)
■ 取得特許
1. 2018/02/22 血液ろ過用補充液(2019-030748)
■ 教育上の能力
●教育方法の実践例
1. 2017/09/01~ 臨床実習におけるル-ブリック評価の導入
●実務の経験を有する者についての特記事項
1. 1992/04/01~2006/03/31 臨床工学技士の臨床実務経験
●教育に関する発表
1. 2011/01 日本臨床工学技士会主催の教育講習会
2. 2012/01 日本臨床工学技士会主催の教育講習会
3. 2013/01 日本臨床工学技士会主催の教育講習会
■ 職務上の実績
●実務の経験を有する者についての特記事項
1. 1992/04/01~2006/03/31 社会保険神戸中央病院
2. 2006/04/01~2014/06/30 神戸総合医療専門学校臨床工学科
●その他職務上特記すべき事項
1. 2015/10/01~2019/04/30 国家試験対策委員
2. 2016/04/01~2019/04/30 就職委員
3. 2020/04/01~ 学生委員
全件表示(7件)
■ 所属学会
1. 2016/09~2019/12 日本医科器械学会
2. 2016/09~ 日本人工臓器学会
3. 2016/11~ 日本急性血液浄化学会
4. 2017/11~ 日本血液浄化技術学会
■ 委員会・協会等
1. 1997/06/01~1999/05/10 兵庫県臨床工学技士会 理事
■ 受賞学術賞
1. 2010/05 日本臨床工学会 味の素アワード最優秀賞 (エレクトレットを用いた透析回路内凝血対策法の開発)
■ 資格・免許
1. 1997/07/01 透析技術認定士
2. 1999/01/10 呼吸療法認定士