(最終更新日:2022-01-28 14:54:23)
  タナカ コウヘイ   Tanaka Kohei
  田仲 浩平
   所属   医療保健学部 臨床工学科
   職種   教授
■ 職歴/学内役職・委員
1. 1981/04~2007/03 産業医科大学病院 診療支援部門 ME管理科 主任 臨床工学技士
2. 2007/04~2009/03 徳島文理大学 工学部 臨床工学科 教授
3. 2009/04~2012/03 徳島文理大学 理工学部 臨床工学科 教授 学科長
4. 2012/04~2013/03 徳島文理大学 保健福祉学部・理工学部 臨床工学科 教授 学科長
5. 2013/04~2014/07 純真学園大学 保健医療学部 医療工学科 教授 学科長
全件表示(13件)
■ 専門分野
人間医工学, 医用システム, ヒューマンインターフェース・インタラクション, 学習支援システム, 生体医工学, 医療福祉工学 (キーワード:医療機器安全管理学、医療AR、医療VR、医療機器シミュレータ) 
■ 著書・論文歴
1. 2021/12 論文  医療VR人工心肺シミュレータの開発と養成校学生による主観的アンケート評価 日本体外循環技術医学会 48(4),298-305頁 (共著) 
2. 2021/11 論文  緊急離脱におけるHFマニュアルの効果と検証 日本医療機器学会 91(5),422-432頁 (共著) 
3. 2021/10 その他  医療ARの技術支援と人工心肺VRシミュレータによる医療・教育DX 日本医療機器学会 91(5),358-366頁 (共著) 
4. 2021/06 論文  リニア振動アクチュエータを用いた高頻度振動換気モータの開発 日本AEM学会論文誌 29(2),104-110頁 (共著) 
5. 2021/06 論文  心理的気分状態評価の違いによるVR環境における脳波活動と体表面知覚電流感度の評価 日本バーチャルリアリティー学会論文誌 26(1) (共著) 
全件表示(75件)
■ 学会発表
1. 2021/11/26 XRを応用した医療・教育システムの開発ーインタラクション体外循環技術教育システムの評価(第59回日本人工臓器学会)
2. 2021/03/25 医療教育におけるAR・VRの活用(第13回 日本医療教授システム学会総会)
3. 2020/12/26 XR技術の看護・介護応用の可能性と今後の展開(日本VR医学会)
4. 2019/02/28 医療ニーズに基づいたウェアラブルグラスによる医療支援の可能性(ふくい光学エンジン研究会第4回研究会(文部科学省 地域イノベーションエコシステム形成プログラム))
5. 2019/02/24 医療VRによる医療機器操作シミュレータの目的と可能性(第35回日本生体医工学治療学術大会)
全件表示(83件)
■ 展覧会・演奏会・競技会等
1. 2020/02/12~2020/02/14 第4回 産学連携ロボットフォーラム(東京都江東区 東京ビッグサイト)
2. 2019/10/23~2019/10/25 第2回 医療と介護の総合展 メディカルジャパン東京(千葉市 幕張メッセ)
3. 2019/02/20~2019/02/22 第5回医療と介護の総合展[大阪]臨床工学フォーラム(大阪市 インテックス大阪)
4. 2016/10/06~2016/10/07 第6回おおた研究開発フェア(東京都大田区 大田区産業振興プラザPio)
5. 2016/02/04~2016/02/06 第20回高度技術・技能展 おおた工業フェア(東京都大田区 大田区産業プラザPiO)
■ 講師・講演
1. 2021/07/15 医療従事者向け情報提供システム:医療ARグラスによる医療技術支援(立川市)
2. 2020/12/26 ウィズコロナ社会における看護・介護へのVR・AR技術応用と限界,XR技術の看護・介護応用の可能性と今後の展開(web)
3. 2020/08/05 ハイリスク医療機器とは
4. 2019/12 医療機器の空気誤送に関する最近の重大事故 技術的課題とリスク(東京都文京区)
5. 2019/10/23 「臨床工学テクノロジーと安全:医療AR/VRによる医療安全イノベーション」(千葉市)
全件表示(16件)
■ 取得特許
1. 2021/05/27 学習システム及び学習方法(2021-090361)
2. 2020/11/01 情報提供システム、情報供給装置、情報提供方法及び情報提供プログラム(6607506)
3. 2013/11/21 超音波診断装置のフローファントム用疑似血液(2013-235094)
■ 教育上の能力
●教育方法の実践例
1. 2021/04~ 第Ⅱ期戦略的教育プログラム(代表)採択 テーマ:医療XRによる演習・実習プログラムー3学科連携共同プロジェクト
2. 2017/04~2021/03 第Ⅰ期戦略的教育プログラム(代表)テーマ:医療VRを応用した臨床工学技士教育プログラム
●教育に関する発表
1. 2019/06/02 日本臨床工学技士教育施設協議会 第34回社員総会・教員研修会 「AR/VRによる実習教育の試み」
2. 2016/06/05 第5回医療機器安全管理セミナー(教育セミナー)(大阪府臨床工学技士会)招聘講師
3. 2014/10/12 体外循環教育に必要なこと~リスク管理に基づいた実践教育の必要性~(第40回日本体外循環技術医学会)
全件表示(7件)
■ 職務上の実績
●実務の経験を有する者についての特記事項
1. 2018/01~2021/10/31 文部科学省 大学設置・学校法人審議会 大学設置分科会専門委員会 専門委員
■ 所属学会
1. 1990/08~ 公益社団法人 日本臨床工学技士会
2. 2007/10~ 一般社団法人 日本人工臓器学会
3. 2012/04~ 一般社団法人 日本生体医工学会
4. 2015/06~ 特定非営利活動法人 日本医工学治療学会
5. 2019/01 ∟ 評議員
全件表示(11件)
■ 委員会・協会等
1. 2019/06/01~ 一般社団法人日本医療安全学会 理事
2. 2019/01/01~ 特定非営利法人日本医工学治療学会 評議員
3. 2018/01/22~2019/10/31 文部科学省 大学設置・学校法人審議会(大学設置分科会) 専門委員(医用工学)
4. 2013/06~2016/03/21 一般社団法人 福岡県臨床工学技士会 正会員(2013~2015監事)
5. 2011/06~2013/05 一般社団法人 徳島県臨床工学技士会 教育委員会 外部理事
全件表示(7件)
■ 受賞学術賞
1. 2018/10 日本人工臓器学会 第56回日本人工臓器学会萌芽研究ポスター部門優秀賞
2. 2016/12 計測自動制御学会 計測自動制御学会システムインテグレーション(SI)優秀講演賞
3. 2005/07 日本呼吸療法医学会 日本呼吸療法医学会 学会奨励賞 (汎用熱流体解析コードを用いたTotal Face NPPVマスク内における流れ解析の試み)
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2008/04~2010/03  「動特性試験による人工心臓用血液ポンプの信頼性評価」 基盤研究(B) 代表 
2. 2015/04~2018/03  「FFT法と領域法を組み合わせたDNA ploidy 解析によるがん診断法の研究」 基盤研究(C) 分担 
3. 2020/04~2024/03  医療事故ゼロを目指す近未来のデータセレクションアクティブセーフティーアシスト 基盤研究(C) 代表 
4. 2021/04~2024/03  XR(仮想空間技術)を活用した虐待予防教育プログラムの開発 令和3(2021)年度 基盤研究(C) 分担 
5. 2021/09~2021/11  プレプライムしたECMO回路の無菌性について 企業からの受託研究 
全件表示(9件)
■ 資格・免許
1. 1984/08 第二種ME技術者 (第284042号)
2. 1988/12 臨床工学技士免許 (第504号)