(最終更新日:2021-06-18 14:30:03)
  ウメダ マサル
  梅田 勝
   所属   医療保健学部 看護学科
   職種   教授
■ 職歴/学内役職・委員
1. 2013/10~2014/03 【異動歴】 東京工科大学 片柳研究所 教授
2. 2014/04~2016/03 東京工科大学 医療保健学部 臨床工学科 教授
3. 2015/04~2019/03 東京工科大学 医療保健学部 学部長
4. 2016/04~2019/03 東京工科大学 医療保健学部 理学療法学科 教授
5. 2019/04~ 東京工科大学 副学長
全件表示(7件)
■ 専門分野
公衆衛生学 (キーワード:衛生行政、医療経済、病院管理、母子保健) 
■ 著書・論文歴
1. 2020/03 論文  75歳以上の高齢脳梗塞患者に対するリハビリテーション実施量の検討 -回復期リハビリテーション病棟での機能改善と関連して-   (共著) 
2. 2019/10 論文  Comparison of difficulty with activities of daily living in elderly adults undergoing hemodialysis and community-dwelling individuals: a cross-sectional study Renal Replacement Therapy 5(50) (共著) 
3. 2019/08 論文  臨床工学技士の医療機器操作技術評価の評価と診療報酬ー人工心肺技術 医療機器学会雑誌 89(4),343-352頁 (共著) 
4. 2019/02 論文  小児医療費及び傷病別入院医療費の推移 小児救急医学会雑誌 18(1),34-39頁 (共著) 
5. 2018/06 論文  The effect of short-term health promotion intervention on motor function in community-dwelling older adults Aging Clin. Exp Res. 31(4),pp.475-481 (共著) 
全件表示(51件)
■ 学会発表
1. 2016/05 健康保険における臨床工学 技士の位置づけに関する考察(第26回日本臨床工学技士会)
2. 2006/07 The possibility of childhood injury prevention and their information acquisition in Japan (乳幼児事故防止教育による予防効果の可能性について)(1st European Conference on Injury Prevention and Safety Promotion)
3. 2004/10 子どもの事故とその防止の可能性(第51回日本小児保健学会)
4. 2004/06 Emotional support system for bereaving families resulting from childhood injury related deaths at the prefecture level in Japan (事故により死亡した児をもつ家庭の公的な援護方策)(7th World Conference on Injury Prevention and Safety Promotion Abstract:10(Vienna,Austria))
5. 2003/09 医療ビジネス革新と新しい産業基盤(第47回オフィス・オートメーション学会 全国大会)
全件表示(35件)
■ 講師・講演
1. 1998/10/24 21世紀の眼科医療・・・新しい診療報酬体系に望むこと(神戸)
2. 1998/10/29 麻酔科で開業できるか(松山)
3. 1999/05/22 診断群別包括支払制度(DRG/PPS)とリハビリテーション医療(鹿児島)
4. 1999/05/28 日本の日帰り麻酔の現状と問題点(札幌)
5. 1999/06/04 国立病院におけるDRG/PPSの試行と評価(宮崎)
全件表示(13件)