(最終更新日:2022-04-22 12:48:13)
  ヨシダ ワタル
  吉田 亘
   所属   応用生物学部 応用生物学科
   職種   准教授
■ 職歴/学内役職・委員
1. 2008/04~2011/03 国立成育医療研究センター 周産期病態研究部 日本学術振興会特別研究員 (PD)
2. 2011/04~2013/03 東京農工大学大学院 工学研究院 特任助教
3. 2013/04~2013/08 東京農工大学大学院 工学研究院 生命工学専攻 特任助教
4. 2013/09~2017/09 東京工科大学 応用生物学部 応用生物学科 助教
5. 2014/04~ 東京工科大学 ノートPCWG 委員
全件表示(16件)
■ 著書・論文歴
1. 2022/02 論文  Destabilization of DNA and RNA G-quadruplex structures formed by GGA repeat due to N6-methyladenine modification Biochem. Biophys. Res. Commun. 597,pp.134-139 (共著)  Link
2. 2022/01 論文  Stabilization of VEGF i-motif structure by CpG methylation Biochem. Biophys. Res. Commun. 594,pp.88-92 (共著)  Link
3. 2021/10 著書  非二重らせん核酸のセンシング 進化を続ける核酸化学 169-174頁 (共著)  Link
4. 2021/07 著書  Global DNA Methylation Analysis Using Methylcytosine Dioxygenase DNA Modification Detection Methods (Springer Protocols Handbooks) pp.93-102 (共著)  Link
5. 2021/03 論文  Effects of CpG methylation on the thermal stability of c-kit2, c-kit*, and c-kit1 G-quadruplex structures BBA Advances 1,pp.100007 (共著)  Link
全件表示(78件)
■ 学会発表
1. 2022/03/04 N6メチルアデニン修飾ヒトテロメアi-motif構造の熱安定性解析(超異分野学会 東京大会2022)
2. 2022/03/04 等温PCR法を用いたCpGメチル化レベル測定法の開発(超異分野学会 東京大会2022)
3. 2021/12/05 Global DNA methylation level sensing system for early cancer diagnosis(第13回大学コンソーシアム八王子学生発表会)
4. 2021/12/05 がん診断のためのヒトゲノムDNA修飾塩基同時検出法の開発 (準優秀賞)(第13回大学コンソーシアム八王子学生発表会)
5. 2021/12/05 ヒトゲノムDNAの末端構造を標的とした抗がん剤の開発(第13回大学コンソーシアム八王子学生発表会)
全件表示(120件)
■ 展覧会・演奏会・競技会等
1. 2019/07/03~2019/07/05 ゲノムDNAメチル化レベル絶対定量法の開発(第1回 ファーマラボ EXPO -[医薬品] 研究開発 展-)
2. 2018/06/27~2018/06/29 簡易癌診断のためのメチル化DNA簡易測定法の開発(BIO tech 2018)
3. 2017/06/28~2017/06/30 メチル化DNA簡易測定法の開発(BIO tech 2017)
4. 2014/05/14~2014/05/16 ゲノム情報を用いたアプタマー同定方法及びアプタマーを用いた診断法の開発(BIO tech 2014)
■ 講師・講演
1. 2022/03/02 ゲノム科学の最前線(大成高等学校)
2. 2021/12/23 最先端のゲノム科学(多摩科学技術高等学校)
3. 2019/11/22 ゲノムとバイオテクノロジー(札幌光星高等学校)
4. 2017/09/27 ヒトゲノムと生命科学(白梅学園高等学校)
5. 2017/02/06 メチル化DNA簡易測定法の開発(技術情報協会 セミナー)
全件表示(6件)
■ 取得特許
1. 2018/12/28 人工ヌクレアーゼの細胞への導入方法(特許6455912)
2. 2018/03/29 四重らせんDNA検出プローブ及びそれを用いた四重らせん構造の検出方法(特開2018-046821)
3. 2018/03/01 アプタマーの製造方法(特開2018-029601)
■ 教育上の能力
●作成した教科書、教材
1. 2013/09~ 核酸工学特論
2. 2013/09~2015/03 生物・化学基礎実験Ⅱ
3. 2014/04~2022/03 情報リテラシー演習
4. 2018/04~ 生物化学I (生化学I)
5. 2018/04~ 遺伝子工学(遺伝子・タンパク質工学)
全件表示(7件)
■ 社会における活動
1. 2022/03~2022/10 Guest Editor of Special Issue “Protein and Nucleotide Engineering for Diagnoses and Biosensing II” in Int. J. Mol. Sci. Link
2. 2021/06~2021/11 Guest Editor of Special Issue “Protein and Nucleotide Engineering for Diagnoses and Biosensing” in Int. J. Mol. Sci. Link
3. 2020/07~2020/07 雑誌掲載:学園都市「八王子」で学ぼう 八王子の大学を選ぶための【キャンパスガイド】 (大学コンソーシアム八王子) Link
4. 2019/11~2019/11 雑誌掲載:Early Detection of Cancer using Smartphones (Z会の英語情報誌「MATERIAL」) Link
5. 2019/08~2019/08 情報サイト掲載:研究紹介 (「研究」で選ぶ大学進学情報サイト「F-Lab」) Link
全件表示(18件)
■ 所属学会
1. 2008/08~ 日本分子生物学会
2. 2008/04~ エピジェネティクス研究会
3. 2007/04~ 日本化学会
4. 2007/04~ ∟ バイオテクノロジー部会
■ 受賞学術賞
1. 2019/02 Elsevier Certificate of Excellence in Reviewing (Biosensors and Bioelectronics)
2. 2008/05 The Elsevier Biosensors & Bioelectronics Award 2008, 1st Runner-Up
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2022/04~2024/03  (代表) 新型コロナウイルス可視化法の開発 機関内共同研究 
2. 2021/08~2025/03  (代表) 等温PCRを用いた修飾塩基測定法の開発と在宅がん診断への展開 「基盤研究(C)」及び「若手研究」における独立基盤形成支援(試行) 
3. 2021/04~2025/03  (代表) 等温PCRを用いた修飾塩基測定法の開発と在宅がん診断への展開 基盤C 
4. 2021/04~2023/03  (代表) 血中遊離DNAのエピジェネティック修飾同時計測法の開発 競争的資金等の外部資金による研究 
5. 2021/04~2022/03  (代表) 細胞老化を抑制する食品成分の探索 競争的資金等の外部資金による研究 
全件表示(18件)
■ ホームページ
   吉田研究室HP