(最終更新日:2021-06-16 15:36:46)
  イシグロ ケイオウ
  石黒 圭応
   所属   医療保健学部 リハビリテーション学科 理学療法学専攻
   職種   教授
■ 職歴/学内役職・委員
1. 1989/04~1997/12 東海大学医学部附属病院 入職 リハビリテーション科 理学療法士
2. 1998/01~1999/03 学校法人岩崎学園 横浜リハビリテーション専門学校 理学療法学科 専任教員
3. 1999/04~2003/03 学校法人岩崎学園 横浜リハビリテーション専門学校 理学療法学科 科長代理
4. 2003/04~2005/03 新潟医療福祉大学 医療技術学部 理学療法学科 助手
5. 2005/04~2009/03 新潟医療福祉大学 医療技術学部 理学療法学科 講師
全件表示(8件)
■ 専門分野
生活科学一般, 人間医工学 (キーワード:靴・インソール・3次元動作解析装置) 
■ 著書・論文歴
1. 2020/12 論文  アンケート調査による高位ヒール靴使用時の転倒つまずきの実態 JIVOJ (日本整形靴技術協会誌) 5,11-14頁 (共著) 
2. 2019/12 論文  ハイヒールにおけるヒールの位置の違いが足関節戦略に及ぼす影響 JIVOJ (日本整形靴技術協会誌) 4,27-30頁 (共著) 
3. 2019/12 論文  高位ヒール捻挫の実態について JIVOJ (日本整形靴技術協会誌) 4,41-46頁 (共著) 
4. 2019/11 論文  デイサービス施設におけるコミュニケーションロボットを用いたトレーニングの印象評価 日本福祉工学誌 21(2),60-68頁 (共著) 
5. 2018/12 論文  傾斜歩行が下肢に与える影響 日本整形靴技術協会誌 3,13-16頁 (共著) 
全件表示(32件)
■ 学会発表
1. 2020/07/12 The effect of front and rear heel position on the ankle during high heel walking.(ISEK2020 IN NAGOYA)
2. 2019/08/02 THE EFFECT OF WEIGHTED BACK PACK POSITION WHILE WALKING ON LATERAL INCLINED SURFACE(ISB-ASB 2019 Calgary)
3. 2018/07/02 Dynamic gait analysis with two types of knee orthosis in healthy adults(ISEK(International Society of Electronical and Kinatices ))
4. 2018/07/02 Investigation of the parasympathetic nervous system response with measuring R-R interval of pulse using wrist-watch during different jogging.(ISEK(International Society of Electronical and Kinatices ))
5. 2017/11/25 健常成人での下垂足装具の研究(第21回日本福祉工学会)
全件表示(45件)
■ 教育上の能力
●教育方法の実践例
1. 2003/04/01~2008/03/31 国家試験対策委員
2. 2006/04/01~2009/03/31 機能解析プロジェクトセンター
3. 2008/04/01~2009/03/31 連携教育推進会議
●作成した教科書、教材
1. 1998/04/01~2003/03/31 生理学実習マニュアル (横浜リハビリテーション専門学校)
2. 2003/04/01~ 物理療法実習マニュアル (新潟医療福祉大学)
●実務の経験を有する者についての特記事項
●その他教育活動上特記すべき事項
全件表示(10件)
■ 所属学会
1. 1989/04~ 日本理学療法士学会
2. 2003/04~ 日本人間工学会
3. 2005/04~2006/03 日本生理人類学会
4. 2005/04~ 日本福祉工学会
5. 2005/04~ 臨床歩行分析研究会
全件表示(9件)
■ 委員会・協会等
1. 1999/04~2001/03 神奈川県 理学療法士協会 老人福祉部副部長
2. 1999/04~2001/03 神奈川県 理学療法士協会 生涯学習部委員
3. 2005/04~2007/03 理学療法士40周年史作成委員会 委員