(最終更新日:2022-03-28 17:17:41)
  ヤマザキ アキコ   Akiko Yamazaki
  山崎 晶子
   所属   メディア学部 メディア学科
   職種   准教授
■ 職歴/学内役職・委員
1. 2008/04~ 東京工科大学 メディア学部 メディア学科 准教授
2. 2009/04~ 東京工科大学大学院 バイオ・情報メディア研究科 メディアサイエンス専攻 修士課程 准教授
3. 2009/04~ 東京工科大学大学院 バイオ・情報メディア研究科 メディアサイエンス専攻 博士後期課程 准教授
■ 専門分野
社会学, ヒューマンコンピュータインタラクション (キーワード:社会学的ロボティクス、社会学、会話分析、マルチモーダルインタラクション、ヒューマンインタラクション、ヒューマンロボットインタラクション)  Link
■ 著書・論文歴
1. 2016/02 著書  日本人と日系人の物語    
2. 2015/12 論文  ワークプレース研究と相互行為分析-2つの会議場面の分析を通じて 日本労働研究雑誌 665,57-69頁 (共著)  Link
3. 2014/04 論文  Interactions between a quiz robot and multiple participants: Focusing on speech, gaze and bodily Conduct in Japanese and English speakers Interaction Studies pp.366-389 (共著)  Link
4. 2019/09 論文  Social interaction with visitors: mobile guide robots capable of offering a museum tour IEEJ Transactions on Electrical and Electronic Engineering 4(12),pp.1823-1835 (共著)  Link
5. 2019/08 論文  ワークプレース研究と自然的な観察の意義
-ある会議場面の分析から 日本労働研究雑誌 61(8),73-84頁 (共著) 
Link
全件表示(111件)
■ 学会発表
1. 2022/03/07 Interdisciplinary Explorations of Processes of Mutual Understanding in Assistive Shopping Robots(HRI 2022) Link
2. 2019/09/09 .Interacting with Wheelchair Mounted Navigator Robot.(Mensch und Computer) Link
3. 2013/08 Elderly Support Using an Embodied Robot Avatar: Conversation Analysis of Robot-Assisted Human Interaction(IIEMCA 2013) Link
4. 2013/08 Human Interactions with a Museum Quiz Robot: Exploring Social Strategies to Draw Audience Attention(IIEMCA 2013) Link
5. 2013/08 Multiplicity of Bodily Resources for a Robot in a Multiparty Interaction(IIEMCA 2013) Link
全件表示(43件)
■ 講師・講演
1. 2014/01/25 子供の争い:ビデオ撮影を通して見る子供の世界
2. 2016/11/11 社会学的ロボット学
3. 2021/09/30 Sociological Robotics
4. 2021/10/01 Ethnomethodology and Robotic Study(コペンハーゲン大学)
■ 教育上の能力
●作成した教科書、教材
1. 2015/09 社会調査法に関するホームページを作成
2. マスコミュニケーションの資料としてパワーポイントを作成、及び動画などの資料を作成
3. マスコミュニケーションの授業においてパワーポイントを作成
4. 調査分析法Ⅰの授業においてパワーポイント作成
5. 調査分析法の資料としてパワーポイントを作成
■ 所属学会
1. Association of Computer Machinery
2. 関東社会学会
3. 日本社会学会
■ 受賞学術賞
1. 1999 情報処理学会山下賞
2. 2007/09 Best Prenseter Award IEEE RO-MAN
3. 2008/04 Honorble mention paper (Best of CHI) ACM SIGCHI
4. 2010 情報処理学会論文賞
5. 2012/07 National Science Foundation of China ,The IEEE Computational Intelligence Society , The International Neural Network Society. Best Paper Award
全件表示(6件)
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2000/04~2003/03  実際の机の上を共有できる遠隔的協同学習支援システムの研究 基盤研究(B) 
2. 2001  Anglo-Japanese foundation その他の補助金・助成金 
3. 2001~2002  遠隔的協同作業支援システムに関する社会学的・工学的研究 基盤研究(B) 
4. 2004~2006  コミュニケーション志向のネットワーク型学習机の開発 基盤研究(B) 
5. 2004~2009  ミュージアムの活用と未来 鑑賞行動の脱領域的研究 競争的資金等の外部資金による研究 
全件表示(28件)
■ 資格・免許
1. 専門社会調査士