(最終更新日:2020-07-10 14:47:10)
  タゴ カズヤ
  田胡 和哉
   所属   コンピュータサイエンス学部 コンピュータサイエンス学科
   職種   教授
■ 職歴/学内役職・委員
1. 1986/04~1988/08 筑波大学 電子情報工学系 助手
2. 1988/09~1990/03 東京大学 計数工学科 助手
3. 1990/04~2002/06 日本IBM 東京基礎研究所
4. 2002/07~2003/03 【異動歴】 東京工科大学 片柳研究所 助教授
5. 2003/04~2007/03 東京工科大学 コンピュータサイエンス学部学生委員会 委員
全件表示(25件)
■ 著書・論文歴
1. 2018/09 論文  Semantic Relation Classification through Low-dimensional Distributed
Representations of Partial Word Sequences Special Issue of Nonlinear Theory and Its Applications, IEICE 10(1),pp.28-44 (共著) 
2. 2015/08 論文  Relation Classification Through Substring Representations Using Nonlinear Classifiers 2015 International Symposium on Nonlinear Theory and its Applications (NOLTA2015)  (共著) 
3. 2015/06 論文  On Efficiency of Semantic Relation Extraction through Low-dimensional Distributed Representations for Substrings The 2015 IEEE International Symposium on Smart Data in conjunction with The 17th IEEE International Conference on High Performance Computing and Communications (HPCC 2015)  (共著) 
4. 2015/06 その他  東京工科大学における大学ITシステムのフルクラウド化 大学マネジメント 11(3) (単著) 
5. 2011/03 その他  ウェブアプリケーション開発のためのUIプロトタイピング支援環境の構築 情報処理学会  (共著) 
全件表示(26件)
■ 講師・講演
1. 2003/01 リアルタイム性を持つストリーミングへの署名方式の提案
2. 2003/01 任意のアプリケーション画面をリアルタイム配信するWebサービスの提案
3. 2003/04 散在する多視点ビデオ映像を用いたユビキタスビデオ網構想
4. 2003/06 遠隔実習教育のための多視点映像コンテンツ作成システム
5. 2003/12 二次元バーコードを用いた公開鍵署名による郵便物認証
全件表示(9件)
■ 取得特許
1. 1997/06 APPARATUS AND METHOD FOR PACKET COMMUNICATIONS(特許No.5436892)
2. 1997/10 パケット通信方法及び装置ならびにその送信装置及び受信装置(特許No.2664838)
3. 2001/01 PROGRAM SUPPORT SYSTEM AND SUPPORT METHOD AND STORAGE MEDIUM FOR STORING PROGRAM COMPONENTS WHICH ARE USED FOR PROGRAM DEVELOPMENT SUPPORT(特許No.6182278)
4. 2003/04 ネットワークシステム、サーバ及びプログラム
5. 2003/10/21 携帯電話によるICタグネットワークシステム(特願2003-360993)
全件表示(6件)
■ 教育上の能力
●教育方法の実践例
1. 2003/04~ 学生所有のPCを活用した双方性講義の実践
2. 2003/04~ 企業経験に基づく卒業研究教育支援
●作成した教科書、教材
1. Androidに関する講義資料をPPTで作成し、外部に公開した
2. プログラミングの講義をクラウドで実施するための教材を作成した
■ 職務上の実績
●その他職務上特記すべき事項
1. 1992~ Lotus ESB研究プロジェクトリーダ
2. 1993~1997 FormWave研究プロジェクトリーダ
3. 1996~2000 Zaurus for Notes研究プロジェクトリーダ
4. 1998 米国 MIT3名、仏 INRIA 1名、 東京大学 2名 企業実習生 指導 米国Visiting Researcherとの共同研究
5. 2001 NAS 性能解析プロジェクトリーダ
■ 社会における活動
1. 2008/08 新聞 秋葉原にて、東京工科大学 オープンソースソフトウェアシンポジウムを開催
2. 2008/09 河合塾の高校向けPR誌VOICEに研究室紹介を行った(広報課による活動)
3. 2008/09 新聞 日刊工業新聞にて、開発中の携帯端末Afourが紹介される
4. 2009/09 プレスリリース IBMと共同でLcloudプロジェクトのプレスリリースを行い、多数の報道媒体で報道された。
5. 雑誌 2010年版コンピュータサイエンス学部 大学パンフレット オープンソースに関する対談のページに参加
■ 所属学会
1. 情報処理学会
2. 1990/04~1991 ∟ オペレーティング・システム研究会 幹事
3. 1992/04~1994 ∟ 学会誌 編集委員
4. 1995/04 ∟ 論文誌 査読委員
■ 受賞学術賞
1. 1984/04 情報処理学会 論文賞
2. 1987/04 情報処理学会 奨励賞
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2007/04  Webサーバ連携方式による大規模コンテンツ共有機構の構築と応用 その他の補助金・助成金