(最終更新日:2022-03-16 12:25:59)
  シャ キンカ   Jinhua She
  佘 錦華
   所属   工学部 機械工学科
   職種   教授
■ 職歴/学内役職・委員
1. 1983/08~1986/12 中国冶金工業部自動化研究院(中国北京市) 自動化1室 助理工程師
2. 1993/04~2001/03 東京工科大学 工学部 機械制御工学科 専任講師
3. 1996/04~2007/03 国立東京高等専門学校 電子工学科,機械工学科 非常勤講師
4. 1997/04~1999/03 東京工科大学 学生委員会 委員
5. 1998/04~1999/03 東京工科大学 安全委員会 委員
全件表示(61件)
■ 専門分野
キーワード:繰返し制御、ロバスト制御、メカトロニクス、福祉機器 
■ 著書・論文歴
1. 2022/08 論文  Design Method of Tuned Mass Damper by Linear-Matrix-Inequality-Based Robust Control Theory for Seismic Excitation Journal of Vibration and Acoustics 144(4),pp.041008:1-041008:14 (共著) 
2. 2022/06 論文  Federated Transfer Learning Based Cross-Domain Prediction for Smart Manufacturing IEEE Transactions on Industrial Informatics 18(6),pp.4088-4096 (共著) 
3. 2022/04 論文  Disturbance rejection using SMC-based-equivalent-input-disturbance approach Applied Mathematics and Computation 418,pp.126839:1-126839:15 (共著) 
4. 2022/03 著書  Introduction to Linear Control System Design   (共著) 
5. 2022/03 その他  等価入力外乱による免震建築物の応答を用いた平均成分を含む風方向風力の推定 2021年度日本建築学会関東支部研究発表会 1-4頁 (共著) 
全件表示(845件)
■ 学会発表
1. 2015/12/16 電動歩行補助器の制御系の開発(第16回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会)
2. 2011/08/28 Global Stabilization Control of Acrobot Based on Equivalent-Input-Disturbance Approach(The 18th IFAC World Congress)
3. 2011/06/24 Intercultural Comparison of Social Customs between Chinese and Japanese and Related Multimedia Text(The 3rd International Conference on English, Discourse and Intercultural Communication)
4. 2011/04/13 Comparison of Disturbance Rejection Performance between Sliding-Mode Control and Equivalent-Input-Disturbance Approach(IEEE International Conference on Mechatronics (ICM 2011))
5. 2010/11/22 Estimation of Tire-road Friction Coefficient Using Equivalent-input-disturbance Approach(Mechatronics Congress 2010)
全件表示(51件)
■ 展覧会・演奏会・競技会等
1. 2009/01 「ものづくりフォーラム」の出展と講演(東京)
■ 講師・講演
1. 2002/03 アクロバットのファジー制御
2. 2002/09 繰返し制御とその応用
3. 2004/07 トレーニング機能を備えたリハビリ電動車
4. 2004/12 電動カートのH∞制御(中南大学情報科学技術学院)
5. 2005/10 等価入力外乱によるサーボ系の新しい構築法(中南大学情報科学技術学院)
全件表示(43件)
■ 取得特許
1. 2015/01/12 基于SLA分类的云视频监控数据低能耗存储系统及方法(201510012735.0)
2. 2019/09/17 一種虚疑現実交互的遊劇型上肢康復訓練系統及方法(CN 107308638 B)
■ 教育上の能力
●教育方法の実践例
1. 1993/04~2006/03 実習と演習との融合
2. 1995/04~ 電子メールの活用
3. 1998/04~2005/03 バーチャル実験システムによるアルゴリズムの勉強
4. 2000/04~ アームロボット制御プロジェクト
5. 2000/04~ ホームページの活用
●作成した教科書、教材
●当該教員の教育上の能力に関する大学等の評価
●実務の経験を有する者についての特記事項
●教育に関する発表
●その他教育活動上特記すべき事項
全件表示(58件)
■ 職務上の実績
●実務の経験を有する者についての特記事項
1. 1983/08~1986/12 温度・炭素量・酸素量インテリジェント測定器の開発と実用化
2. 1984/09~1986/12 製鉄工場エネルギ管理システムの開発
●その他職務上特記すべき事項
1. 1983/09~1984/11 溶鉱炉鋼水の温度・炭素・酸素を同時検出インテリジェントセンシングシステムの研究開発
2. 1984/07~1985/09 製鉄工場のデータ収集・オンライン管理システム
3. 1996/04~2013/03 亜鉛湿式精錬プロセスのエキスパート制御システム
全件表示(6件)
■ 社会における活動
1. 1995/02 Chairperson of the First World Congress on Intelligent Manufacturing Processes & Systems
2. 1996/12 Chairperson of the 35th IEEE Conference on Decision and Control
3. 1997/04~2013/03 中国中南大学と共同研究(研究テーマ:複雑な産業プロセスのインテリジェント制御)
4. 1998/06~1998/09 Reviewer of the 1999 IFAC World Congress
5. 1998/09~1999/08 International Program Committee Member (IASTED Int. Conf. on Control and Application, 1999)
全件表示(319件)
■ 所属学会
1. 1990~ 計測自動制御学会
2. 2000/01~2003/03 ∟ 制御部門事業委員会委員
3. 2001/05~2003/03 ∟ 先端融合部門「産業に役立つ評価のための研究会」委員
4. 1991/05~ 電気学会
5. 2000/04~ ∟ 論文委員会(D2グループ) 委員
全件表示(18件)
■ 委員会・協会等
1. 1998/09~1999/08 IASTED (The International Association of Science and Technology for Development) International Conference on Control and Applications International Program Committee Member
2. 2000/01~2001/06 The First China-Japan International Workshop on Internet Technology and Control Applications Co-Chairman of the Organizing Committee and a member of the Program Committee
3. 2000/04~2002/03 計測自動制御学会制御部門事業委員会 委員
4. 2000/04~ 電気学会論文委員会(D2グループ) 委員
5. 2000/05~2001/08 The 12th Chinese Process Control Conference Member of the Program Committee