(最終更新日:2020-11-08 12:26:21)
  オオイシ クニオ
  大石 邦夫
   所属   コンピュータサイエンス学部 コンピュータサイエンス学科
   職種   准教授
■ 職歴/学内役職・委員
1. 1991/04~1995/03 東京工科大学 図書委員会 委員
2. 1991/04~1992/03 東京工科大学 計算機運用委員会 委員
3. 1992/02~1997/02 富士通工業専門学校(学外活動) 非常勤講師
4. 1993/04~1994/03 法政大学(学外活動) 非常勤講師
5. 1995/03~1996/01 東京工科大学 第2期大学拡充推進委員会メディア学部 部会委員
全件表示(24件)
■ 専門分野
制御・システム工学 (キーワード:信号処理) 
■ 著書・論文歴
1. 2020/08 その他  近似同時対角化問題の解法に基づくブラインド信号分離 第33回 回路とシステムワークショップ 47-52頁 (共著) 
2. 2019/12 論文  Blind adaptive detection using approximate oblique projector for synchronous DS/CDMA communication IEEJ Transactions on Electrical and Electronic Engineering 14,pp.1780-1786 (共著) 
3. 2019/10 論文  Recursive construction of an oblique projector based on the Gram-Schmidt process and its application to synchronous DS/CDMA communication system 2019 IEEE 8th Global Conference on Consumer Electronics (GCCE) pp.256-260 (共著) 
4. 2019/09 論文  Determined and overdetermined convolutive blind source extractions by approximate joint diagonalization Acoustical Science and Technology 40(5),pp.302-312 (共著) 
5. 2018/11 論文  An adaptation rule for approximate oblique projector and its application to blind adaptive detector in DS/CDMA communication 2018 International Symposium on Intelligent Signal Processing and Communication Systems (ISPACS) pp.284-288 (共著) 
全件表示(99件)
■ 講師・講演
1. 2006/07 出前授業(都立砂川高等学校)
■ 取得特許
1. 2007/11/08 階層符号化方法を用いた画像圧縮方法及び画像圧縮装置(特開2007-295503(JP 2007-295503))
2. 2014/04/04 ブラインド信号分離方法およびその装置(特許第5509481号)
3. 2015/03/16 残響抑圧方法およびその装置(特開2015-49502(P2015-49502A))
4. 2015/11/24 ブラインド信号分離方法およびその装置(特開2015-210512(P2015-210512A))
5. 2016/09/05 音響トランス式イコライザー(特開2016-163298(P2016-163298A))
全件表示(8件)
■ 教育上の能力
●作成した教科書、教材
1. 2013/04~ プログラミングIIIのテキストの更新
2. ネットワーク系実験I・II「ディジタル信号処理」の実験テキストとミニ講義用資料の更新
3. 情報・符号理論の授業において講義用資料の作成
4. 情報系プログラミングIIの授業において講義用資料の更新とサンプルプログラムの作成
5. 情報系プログラミングIIの授業において講義用資料の作成
●当該教員の教育上の能力に関する大学等の評価
全件表示(10件)
■ 社会における活動
1. 1989/10~ The Institute of Electrical and Electronics Engineers, Inc.
■ 所属学会
1. 1985/08~ 社団法人 電子情報通信学会
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2002/04~2003/03  大学間教育リソース共用システムの構築と共同講義への応用に関する調査研究 共同プロジェクト