(最終更新日:2018-03-14 14:40:00)
  ウメダ マサル
  梅田 勝
   所属   医療保健学部 理学療法学科
   職種   教授
■ 職歴/学内役職・委員
1. 2013/10~2014/03 【異動歴】 東京工科大学 片柳研究所 教授
2. 2014/04~2016/03 東京工科大学 医療保健学部 臨床工学科 教授
3. 2015/04~ 東京工科大学 医療保健学部 学部長
4. 2016/04~ 東京工科大学 医療保健学部 理学療法学科 教授
■ 専門分野
公衆衛生学 (キーワード:衛生行政、医療経済、病院管理、母子保健) 
■ 著書・論文歴
1. 2017 論文  Difference between tablet methods and paper questionnaire methods of conducting a survey with community-dwelling elderly (地域在住高齢者の質問調査方法としてタブレットと紙面調査による結果の相違) (共著) 
2. 2017 論文  Effect of a behavior modification program on physical activity in community-dwelling older adults-a randomized controlled trial (地域在住高齢者における行動変容プログラムが身体活動量に及ぼす影響-無作為化比較試験) (共著) 
3. 2017 論文  Large calf circumference indicates non-sarcopenia despite body mass (下腿最大周径は体格に関わらず非サルコペニアの指標になる) (共著) 
4. 2017 論文  Thigh and calf circumference for the sarcopenia screening in community-dwelling elderly women (大腿および下腿周径は地域在住高齢者のサルコペニアスクリーニングツールになる) (共著) 
5. 2013 論文  医療情報システムへの挑戦 モバイルによる医療のモジュール化と障壁破壊 (共著) 
全件表示(44件)
■ 学会発表
1. 2016/05 健康保険における臨床工学 技士の位置づけに関する考察(第26回日本臨床工学技士会)
2. 2006/07 The possibility of childhood injury prevention and their information acquisition in Japan (乳幼児事故防止教育による予防効果の可能性について)(1st European Conference on Injury Prevention and Safety Promotion)
3. 2004/10 子どもの事故とその防止の可能性(第51回日本小児保健学会)
4. 2004/06 Emotional support system for bereaving families resulting from childhood injury related deaths at the prefecture level in Japan (事故により死亡した児をもつ家庭の公的な援護方策)(7th World Conference on Injury Prevention and Safety Promotion Abstract:10(Vienna,Austria))
5. 2003/09 医療ビジネス革新と新しい産業基盤(第47回オフィス・オートメーション学会 全国大会)
全件表示(35件)
■ 講師・講演
1. 1998/10 21世紀の眼科医療・・・新しい診療報酬体系に望むこと(神戸)
2. 1998/10 麻酔科で開業できるか(松山)
3. 1999/05 診断群別包括支払制度(DRG/PPS)とリハビリテーション医療(鹿児島)
4. 1999/05 日本の日帰り麻酔の現状と問題点(札幌)
5. 1999/06 国立病院におけるDRG/PPSの試行と評価(宮崎)
全件表示(13件)