(最終更新日:2019-04-04 19:18:18)
  ハラ ケンジ
  原 賢二
   所属   工学部 応用化学科
   職種   教授
■ 職歴/学内役職・委員
1. 2000/04~2001/02 日本学術振興会 特別研究員DC1
2. 2001/02~2007/12 北海道大学 理学研究院化学専攻 助手(後に助教)
3. 2007/12~2015/03 北海道大学 触媒化学研究センター 准教授
4. 2009/04~2015/03 北海道大学 触媒化学研究センター分子集積反応場研究クラスター触媒ターゲット研究 アセンブリリーダー
5. 2011/07~2011/08 ポールサバティエ大学 客員准教授
全件表示(17件)
■ 専門分野
触媒・資源化学プロセス, 合成化学 
■ 著書・論文歴
1. 2018/12 その他  Catalysis with High-Density Molecular Monolayers Aiming for Sustainable Organic Synthesis (単著) 
2. 2018/12 その他  High-Density Molecular Arrays for Catalytic Organic Transformation (単著) 
3. 2018/02 論文  Electrical Matching at Metal/Molecule Contacts for Efficient Heterogeneous Charge Transfer (共著) 
4. 2018/01 その他  High-density Organic Monolayer as a Novel Type of Support Material for Sustainable and Unique Catalysis (単著) 
5. 2017/08 その他  High Density Molecular Array for Catalyst Preparation (単著) 
全件表示(100件)
■ 学会発表
1. 2019/01/22 固体表面上における金属錯体の精密固定化による高機能化触媒の創製(新学術領域研究「精密制御反応場」第5回公開シンポジウム)
2. 2018/09/04 High-Density Monolayer Arrayas for Catalytic Organic Transformation(World Congress on Chemistry & Enzyme Catalysis)
3. 2017/11/18 Catalysis Utilizing High-Density Molecular Monolayers(2nd Symposium for Young Chemists on Precisely Designed Catalysts)
4. 2017/02/22 High-Density Monolayers of Metal Complex for Catalytic Application(International Conference on Catalysis and Chemical Engineering (CCE-2017))
5. 2016/09/06 Iron-Immobilized Periodic Mesoporous Organosilica as Active and Selective Catalyst for Amino Alcohol Synthesis(The 30th Conference of the European Colloid and Interface Society (ECIS 2016))
全件表示(117件)
■ 講師・講演
1. 2011/12 Densely Packed Monolayer of Rh-Diisocyanide on Gold Surface as Recyclable Catalyst for Hydrogenation of Enones [Keynote](Xiamen, China.)
2. 2012/05 Monolayer of Diisocyanide on Au Surface as a Platform for Rh Catalysis of 1,4-Hydrogenation of α,β-Unsaturated Carbonyl Compounds [Keynote](Sendai, Japan)
■ 取得特許
1. 2004/09/24 新規なトリアルキルホスフィン誘導体(特開2004-262782)
2. 2010/02/26 シリコン単体の表面にパラジウム錯体を固定した触媒を使用するベンズアルデヒド類の製造方法(特許第4464168号)
3. 2014/10/24 触媒、及び該触媒を用いたポリマーの製造方法(特許第5633846号)
4. 2017/02/02 エチレン分解剤(特開2017-023889)
5. 2017/02/09 固体触媒(特開2017-029926)
■ 社会における活動
1. 2005/07 第16回国際生物学オリンピック北京大会 チームリーダー・オブザーバー
■ 海外活動
●海外研究活動の為の渡航回数(前年度実績)
 在留期間2週間以上のもの   計  0  回
 在留期間2週間未満のもの   計  2  回
●海外での国際会議、学会への出席回数及び発表回数(前年度実績)
 諸費用の主たる負担者   出席回数   発表回数
 主催者  0  回  0  回
 外国機関  0  回  0  回
 文部科学省・日本学術振興会  3  回  3  回
 文部科学省・日本学術振興会以外の政府関係機関  0  回  0  回
 所属機関  0  回  0  回
 財団等(寄付金・委任経理金含みます)  0  回  0  回
 自費  0  回  0  回
 計  3  回  3  回
●国際的な学会で使用する外国語
 口頭発表に主に用いる言語   英語  
 論文の執筆に主に用いる言語   英語  
■ 所属学会
1. アメリカ化学会
2. 触媒学会
3. 2010/04~2013/06 ∟ 会誌編集委員会委員
4. 2011/06~2013/06 ∟ 総務委員会委員
5. 2013/06~2015/06 ∟ 討論会委員
全件表示(8件)
■ 委員会・協会等
1. 2008/02 日本学術振興会 第1回 HOPE ミーティング メンター
2. 2012/03 日本学術振興会 第4回 HOPE ミーティング メンター
■ 受賞学術賞
1. 2007/06 The 11th International Conference on Electrified Interfaces Chairman's Poster Prize
2. 2008/05 第27回表面科学講演大会 講演奨励賞 第4回若手研究者部門
3. 2009/09 第104回触媒討論会(触媒学会) 若手優秀講演賞
4. 2014/03 北海道大学研究総長賞 奨励賞
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2012/04~2018/03  「低エネルギー、低環境負荷で持続可能なものづくりのための先導的な物質変換技術の創出」「メソポーラス有機シリカを利用した生体模倣触媒に関する研究」 競争的資金等の外部資金による研究 
2. 2013/04~2017/03  規整ナノ反応場の構築と新しい触媒機能の創出 新学術領域研究計画研究 
3. 2013/04~2015/03  金属錯体の精密二次元集積による新規触媒機能の創出 新学術領域研究公募研究 
4. 2013/09~2014/08  規整表面上での非貴金属錯体の高密度固定化による新規触媒反応場の構築 その他の補助金・助成金 
5. 2015/04~2018/03  高密度単分子層触媒のマイクロデバイス化 科学研究費助成事業 新学術基盤研究(C) 
全件表示(6件)
■ その他
平成27年4月~現在
東京工科大学 工学部 応用化学科 准教授
担当科目:化学基礎、化学基礎演習、フレッシャーズゼミ