(最終更新日:2018-03-23 16:52:15)
  ホンゴウ シンジ
  本郷 信二
   所属   デザイン学部 デザイン学科
   職種   教授
■ 職歴/学内役職・委員
1. 1993/04~1994/10 大光電機株式会社東京TACTに勤務 商業施設の照明計画に携わる
2. 1995/04~1998/03 東京芸術大学 美術学部デザイン科 兼任助手
3. 1998/04~2010/03 東京芸術大学 美術学部デザイン科 兼任講師
4. 2001/04~2011/03 東京理科大学 工学第一部建築学科 兼任講師
5. 2010/04~2014/03 東京工科大学 デザイン学部学生委員会 委員
全件表示(13件)
■ 専門分野
芸術学 (キーワード:立体造形、空間造形、立体デザイン、空間デザイン) 
■ 展覧会・演奏会・競技会等
1. 1996/03 オブジェ設置と空間デザイン演出(リバティー(株)本社ビル)
2. 1997/09 個展(東京八重洲画廊ウィンドウギャラリー)
3. 1997/09 個展(田中画廊(日本橋))
4. 1998/02 オブジェ設置(椿本チェーン本社)
5. 1998/02 新聞記事(日本農業新聞)
全件表示(29件)
■ 講師・講演
1. 2011/09 長野県須坂市「蔵の町並みキャンパス 古民家再生プロジェクト」
2. 2012/08 文化庁24年度「優れた劇場・音楽堂からの創造発信事業」子どもワークショップ「群馬の四季をみんなで描こう」
3. 2013/08 長野県須坂市「蔵の町並みキャンパス 古民家再生プロジェクト」
4. 2014/08 長野県須坂市「蔵の町並みキャンパス2014」
5. 2015/08 長野県須坂市「蔵の町並みキャンパス 古民家再生プロジェクト」
全件表示(6件)
■ 教育上の能力
●教育方法の実践例
1. 1998/09 実制作を通して立体作品制作に必要な知識・技術プロセスを習得する
2. 2001/04~2010/03 立体・空間造形についての幅広い視野・理解力を身に付け、基礎的な造形作業を通して、新たな「もの」の見方の発見とそれを定着させる方法の習得を目標とする。特に「手」と「視覚」「思考」を連動させ、実制作を通して「かたち」「空間」の確認や、イメージを的確に表現できるように想像力と完成を磨く
3. 2010/04/01~ デザイン概説I
4. 2014/04~ 「立体表現の基礎」
●作成した教科書、教材
1. 1998/09 毎年作成:金属素材の加工に使用する手工具の名称と用途、使用方法
●当該教員の教育上の能力に関する大学等の評価
●実務の経験を有する者についての特記事項
全件表示(15件)
■ 職務上の実績
●その他職務上特記すべき事項
1. 1997/05~1997/07 「専門能力を生かした公開講座講師」 横浜美術館 市民のアトリエ
2. 1999/06 「専門能力を生かした公開講座講師」 東京都荒川区赤土小学校
3. 1999/10 「専門能力を生かした公開講座講師」 東京都大田技術専門校
4. 2002/07~2006/07 「専門能力を生かした公開講座講師」 群馬県「芸術の原表現」
■ 社会における活動
1. 2006/10 小田原市「木のクラフトコンペ」出品(入選)
2. 2006/12 JR上野駅遊歩道ディスプレー(共同制作)
3. 2007/10 芸大茶会 立札棚制作(東京芸術大学)
4. 2008/07 2人展 北鎌倉ギャラリーネスト
5. 2008/10 藝大アーツイン東京丸の内 空間演出デザイン
■ 受賞学術賞
1. 2002/10 岐阜県 美濃和紙あかりアート展 審査員賞受賞
2. 2004/12 第45回日本クラフト展 佳作賞受賞
3. 2005/06 第23回朝日現代クラフト展 入選
4. 2006/10 第4回全国木のクラフトコンペ 入選
5. 2009/02 第27回朝日現代クラフト展 入選
全件表示(6件)
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2014/04~  デザイン学部 デザイン開発プロジェクト 機関内共同研究 
2. 2015/08~2018/03  3Dプリンタを活用したIn-Exデザインモデルの研究開発 機関内共同研究 
3. 2015/09~2018/03  産官学民連携に基づく大田区民参加型の運動プログラムと リハビリ・介護支援機器の開発プロジェクト 機関内共同研究