(最終更新日:2021-06-08 17:40:02)
  ササキ サトシ
  佐々木 聰
   所属   医療保健学部 臨床検査学科
   職種   教授
■ 職歴/学内役職・委員
1. 1994/04~2002/03 東京大学 科学技術研究センター バイオセンサー分野(現 生体機能工学分野) 文部科学教官助手
2. 2002/04~2003/03 【異動歴】 東京工科大学 片柳研究所 助教授
3. 2003/04 東京工科大学 コンピュータサイエンス学部・バイオニクス学部学生委員会 委員
4. 2003/04 東京工科大学 バイオニクス学部学生委員会 委員
5. 2003/04~2007/03 東京工科大学 コンピュータサイエンス学部 コンピュータサイエンス学科 助教授
全件表示(36件)
■ 専門分野
分析化学 (キーワード:アストロバイオロジー) 
■ 著書・論文歴
1. 論文  Triplet Fraction Buildup Effect of the DNA-YOYO Complex Studied with Fluorescence Correlation Spectroscopy(DNA・色素複合体におけるトリプレット断片生成効果のFCSによる評価) Analytical Biochemistry 87-92頁 (単著) 
2. 2021/05 論文  Exobiology of Venus clouds: new insights into habitability through terrestrial models and methods of detection Astrobiology  (共著) 
3. 2021/05 論文  Venus, an Astrobiology Target Astrobiology  (共著) 
4. 2020/07 論文  Cell activity evaluation during bacterial bioluminescence oscillation The Journal of General and Applied Microbiology  (共著) 
5. 2019 論文  Design, Fabrication and Evaluation of an Aerogel Processor CLOXS for the Astrobiology Mission Tanpopo Biological Science in Space  (共著) 
全件表示(42件)
■ 講師・講演
1. 2001/12 バイオセンサーの現状と今後の展開
2. 2004 Microelectrodes for plant stress monitoring
3. 2004/06/11 農業からDNAコンピュータへ(群馬県立吉井高等学校)
4. 2004/07/12 不明(東京都立砂川高等学校)
5. 2004/11/19 植物と話す挑戦(バイオコミュニケーションのすすめ)(神奈川県立追浜高等学校)
全件表示(20件)
■ 教育上の能力
●教育方法の実践例
1. 2002/04~2004/03 応用数学の演習
■ 社会における活動
1. 1992/06~1992/06 蛍光X線強度の角度依存性による深さ方向分析(佐々木聰・早川慎二郎・合志陽一)1992年日本分析化学会第60回分析化学討論会(秋田)
2. 2000/03~2000/03 2B448 酸化チタンの光触媒反応を用いる新規化学的酸素消費量(COD)測定系の開発(金潤昌、李庚勲、佐々木聰、池袋一典、橋本和仁、軽部征夫)2000年日本化学会第78春季年会(船橋)奨励賞受賞
3. 2000/12~2000/12 Circular pattern formed in DNA-histone mixture (S. Sasaki, I. Karube) Pacifichem 2000 (Honolulu, 2000) (日本化学会)
4. 2002/08~2002/08 マイクロ電極による植物生理状態の計測(佐々木聰、横田和則) 2002年第6回化学とマイクロ・ナノシステム研究会(福岡)
5. 2002/09~2002/09 酵素振動反応波形を用いる基質の定量(佐々木聰、中野大助、内田崇、秀島武敏) 2002年日本化学会第82秋季年会(豊中)
全件表示(8件)
■ 受賞学術賞
1. 1992 Near surface layer analysis with critical take off angle detection of X-ray fluorescence (S. Hayakawa, S.Sasaki, Y. Gohshi) (Denver conference on X-ray Analysis (Denver, 1992)) Best Poster Paper Award
2. 2000/03 2B448 酸化チタンの光触媒反応を用いる新規化学的酸素消費量(COD)測定系の開発(金潤昌、李庚勲、佐々木聰、池袋一典、橋本和仁、軽部征夫)2000年日本化学会第78春季年会(船橋)奨励賞受賞
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2003/04~2006/03  DNAを用いるナノ電子デバイスの研究 共同プロジェクト 
2. 2005/04~2007/03  水生生物に学ぶ超耐水性光学接着剤の研究開発 基盤B 
3. 2007/04~2009/03  電気化学的手法による植物塩ストレス計測システム 基盤C