(最終更新日:2019-01-09 16:50:06)
  ナカムラ ヒデアキ   Hideaki Nakamura
  中村 秀明
   所属   学環 教養学環
   職種   専任講師
■ 職歴/学内役職・委員
1. 1998/12~2002/03 東京大学 先端科学技術研究センター 協力研究員
2. 1999/01~2002/03 日本学術振興会未来開拓学術研究推進事業 日本学術振興会研究員(リサーチ・アソシエイト)
3. 2002/04~2003/03 日本学術振興会 未来開拓学術研究推進事業 研究員
4. 2002/04~2003/03 【異動歴】 東京工科大学 片柳研究所 専任講師
5. 2003/04~2008/03 東京工科大学 バイオニクス学部 バイオニクス学科 専任講師
全件表示(17件)
■ 専門分野
分析化学, 環境保全, 教育サービス (キーワード:バイオセンシング、水質調査、淡水の水質改善(淡水養分の回収及び回収物の資源・エネルギー化)、就業力育成にかかわる調査研究)  Link
■ 著書・論文歴
1. 2018/09 その他  Minireview: Biosensors: monitoring human health for the SDGs sustainable development goals (単著)  Link
2. 2018/05 その他  Review: Current status of water environment and their microbial biosensor techniques - Part II: Recent trends in microbial biosensor development (単著)  Link
3. 2018/02 その他  Review: Current status of water environment and their microbial biosensor techniques - Part I: Current data of water environment and recent studies on water quality investigations in Japan, and new possibility of microbial biosensor techniques (Cited by 1). (単著)  Link
4. 2010/05 その他  Minireview: Recent Organic Pollution and Its Biosensing Methods (Cited by 24). (単著)  Link
5. 2008/02 その他  Review: Development of microbial sensor and its application (Cited by 25). (共著)  Link
全件表示(102件)
■ 学会発表
1. 2018/05/28 Investigation of research papers published in the field of Application of Bioluminescence and Chemiluminescence to Flow Injection Analysis(20th anniversary of the symposium ISBC (International Symposium for Bioluminescence and Chemiluminescence)) Link
2. 2015/09/08 Microbial Biosensor Methods for Recent Organic Pollution (Invited Oral Presentation)(EuroAnalysis 2015 (18th edition of EuroAnalysis, the European Conference on Analytical Chemistry)) Link
3. 2010/02/11 Development of a surface plasmon resonance biosensing probe for plasma glucose (Invited Oral Presentation)(The 3rd International Conference on Advanced Technologies & Treatments for Diabetes (ATTD))
4. 2008/10/20 Developments of Glucose Biosensing Chip Techniques and Their Future Perspectives (Invited Oral Presentation)(The BITs 6th Annual Congress of International Drug Discovery Science and Technology (IDDST), Oct 18th-22th,)
■ 講師・講演
1. 2015/10 現在の有機廃水処理が招く環境水の汚濁問題と その計測法としてのバイオセンシング法の研究(ユニマテック株式会社(茨城県北茨城市))
2. 2012/12 出張模擬授業 「バイオと環境 - 河川や湖沼の水が汚れる原因とその対策について、バイオの視点から考えてみよう! - 」(星美学園高等学校(東京都))
3. 2011/12 出張模擬授業 「環境バイオテクノロジー - 生物の機能を利用して水質を測る技術について - 」(東京都立高校)
4. 2010/03 先端技術セミナー 「水中のアオコとリンの同時回収について」(八王子市・八王子未来学(文部科学省 戦略的大学連携支援事業)主催 八王子未来学カンファレンス)
5. 2010/02 Invited Presentation "Development of a Surface Plasmon Resonance Biosensing Probe for Plasma Glucose"(The 3rd International Conference on Advanced Technologies & Treatments for Diabetes (ATTD) (Basel, Switzerland))
全件表示(21件)
■ 取得特許
1. 2015/04/15 Biosensor measuring device, Bio-sensor measuring system, and Bio-sensor measuring method(EP 1927850)
2. 2013/08/16 バイオセンサ測定機、バイオセンサ測定システム及びバイオセンサ測定方法(大韓民国特許第10-1299275号)
3. 2013/05/21 生物感測測定機、生物感測測定系統及生物感測測定方法(中華民国特許第I 396842号)
4. 2012/11/09 穿刺器具一体型バイオセンサーの製造法 (分割出願)(特許第5126756号)
5. 2012/11/09 穿刺器具一体型バイオセンサーの製造法 (分割出願)(特許第5126755号)
全件表示(216件)
■ 教育上の能力
●教育方法の実践例
1. 2003/04/01~2009/03/31 講義付き実験「化学と環境工学の基礎」 Microsoft Powerpointを用いた講義資料、及び関連資料
2. 2005/12~2009/03 研究室内就職支援策: 4年生の就職内定者による3年生への面接指導の実施 会議などで紹介
3. 2008~2009 新入生対象の学内オリエンテーリングの実施を提案(H19年度).H20年度からイベント委員に任命され、応用生物学部で実施.
4. 2008/04~ 新入生の導入教育授業「学習技法」で2年次学生との交流を提案(H19年度).翌年度より応用生物学部内で実施.
●作成した教科書、教材
1. 2016/08/08 教養教育・社会人基礎科目「サービスラーニング演習」の事前授業用教材の作成 長野県上田市農育プログラム
●実務の経験を有する者についての特記事項
●その他教育活動上特記すべき事項
全件表示(28件)
■ 職務上の実績
●実務の経験を有する者についての特記事項
1. 2017~ Google Scholar My Home Link
2. 2019 プロフィール掲載 Who's Who in the World, 2019, 36th Edition, Marquis Who's Who, NJ, USA
3. 2018 プロフィール掲載 The 2018 Albert Nelson Marquis Lifetime Achievement Award, Marquis Who's Who, NJ, USA
4. 2018 プロフィール掲載 Who's Who in the World, 2018, 35th Edition, Marquis Who's Who, NJ, USA
5. 2017 プロフィール掲載 Who's Who in the World, 2017, 34th Edition, Marquis Who's Who, NJ, USA
全件表示(17件)
■ 社会における活動
1. 2004/02 虎ノ門パストラル「アイリスガーデン」にて35社53名の記者の前で会見を行った。 (独)産業技術総合研究所主催、「血糖センサー実用化研究」
2. 2004/03 大手町サンケイプラザにて33社41名の記者の前で会見を行った。 ㈱サカタのタネと東京工科大学が主催、「土壌診断センサーの実用化研究」
3. 2004/09 イノベーションジャパン2004(経済産業省、文部科学省共済)出展
4. 2010/03 TV ケーブルテレビ番組八王子未来学(文部科学省戦略的大学連携「八王子未来学」教育研究推進事業) まるごとキャンパス八王子「八王子未来学」第5回 水の未来と可能性(15分間) 「水中の厄介者を有効利用」東京工科大学 応用生物学部 講師 中村秀明研究室(7分間)
5. 2010/03 講演 先端技術セミナー 八王子未来学カンファレンス(八王子市開発・交流プラザ) 八王子市・八王子未来学(文部科学省 戦略的大学連携支援事業)主催 演題:水中のアオコとリンの同時回収について(30分間;聴講者約30名)
■ 海外活動
●海外研究活動の為の渡航回数(前年度実績)
 在留期間2週間以上のもの   計  0  回
 在留期間2週間未満のもの   計  1  回
●海外での国際会議、学会への出席回数及び発表回数(前年度実績)
 諸費用の主たる負担者   出席回数   発表回数
 主催者  0  回  0  回
 外国機関  0  回  0  回
 文部科学省・日本学術振興会  0  回  0  回
 文部科学省・日本学術振興会以外の政府関係機関  0  回  0  回
 所属機関  1  回  1  回
 財団等(寄付金・委任経理金含みます)  0  回  0  回
 自費  0  回  0  回
 計  1  回  1  回
●国際的な学会で使用する外国語
 口頭発表に主に用いる言語   英語  
 論文の執筆に主に用いる言語   英語  
■ 所属学会
1. 2005/07~ American Chemical Society (ACS) Link
2. 2009/04~ 電気学会 Link
3. 2009/04~ ∟ 論文委員(E部門)
4. 2010/01~ 日本分析化学会 Link
5. 2010/04~ 日本化学会 Link
全件表示(9件)
■ 委員会・協会等
1. 2017/03/18~2018/05/31 20th ISBC 2018 (The 20th anniversary of International Symposium for Bioluminescence and Chemiluminescence International Scientific Committee Link
2. 2015/10/06~ Frontiers in Environmental Science, Microbiology and Bioengineering and Biotechnology (Microbiology team) Review Editor Link
3. 2014/04/01~ Elsevier B.V. (Research & Academic Relations) Reader Panel Link
4. 2009/04/01~ 電気学会 論文委員(E部門) Link
5. 2008/09/01~2010/08/31 Nature Reader Panel Link
全件表示(7件)
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 1994~1999  リン酸センサーの試作研究 その他の補助金・助成金 
2. 1995~1996  河川水中のリン酸計測用バイオセンサーの開発 企業からの受託研究 
3. 1996~1997  バイオシアンセンサーの開発研究 企業からの受託研究 
4. 1996~1998  リン酸イオンセンサーの開発:環境汚染モニタリングシステムの構築 その他の補助金・助成金 
5. 1999~2000  災害救援車両搭載予定の純水製造装置用毒物センサーの開発 企業からの受託研究 
全件表示(16件)
■ 資格・免許
1. 1988/05/07 電話級アマチュア無線技士
2. 1988/11/21 有機溶剤作業主任者
3. 1988/12/26 特定化学物質作業主任者
4. 1989/07/10 透過写真撮影(X線、γ線)
5. 2001/08/16 スキューバダイビング(オープンウォーター)
■ ホームページ
   My Homepage in Google Scholar for Research Profile