(最終更新日:2024-02-08 10:18:53)
  ナカムラ ヒデアキ   Hideaki Nakamura
  中村 秀明
   所属   学環 教養学環
   職種   専任講師
■ 職歴/学内役職・委員
1. 1994/04~1994/09 東京大学 先端科学技術研究センター 協力研究員
2. 1995/09~1995/10 文部省科学研究費により国際学術研究の補助員として分担者と共にフランス共和国・リヨン(特)大学に派遣 研究員
3. 1997/04~1998/03 日欧産業協力センター主催のヴルカヌス・プログラムに参加
4. 1998/12~2002/03 東京大学 先端科学技術研究センター 協力研究員
5. 1999/01~1999/01 文部省科学研究費により国際学術研究の分担者としてイタリア共和国・フィレンツェ大学に派遣
全件表示(26件)
■ 専門分野
分析化学, 環境保全, 教育サービス (キーワード:バイオセンシング、水質調査、淡水の水質改善(淡水養分の回収及び回収物の資源・エネルギー化)、就業力育成にかかわる調査研究)  Link
■ 著書・論文歴
1. 2024/03 論文  "A chemiluminometric inorganic pyrophosphate ion assay using inorganic pyrophosphatase, pyruvate oxidase, and isoluminol for specific detection of E. coli RNA" in press Current Topics in Analytical Chemistry  (共著) 
2. 2023/11 論文  Special Issue "Microbial Biosensor: From Design to Applications" Biosensors    Link
3. 2022/10 その他  Microbial Biosensors for Rapid Determination of Biochemical Oxygen Demand: Approaches, Tendencies and Development Prospects Biosensors 12(10),pp.842 (共著)  Link
4. 2022/12 著書  "Developmental Studies on Practical Enzymatic Phosphate Ion Biosensors and Microbial BOD Biosensors, and New Insights into the Future Perspectives of These Biosensor Fields", in press. Biosignal Processing  (単著)  Link
5. 2022/12 論文  Special Issue "Microbial Biosensors for Environmental monitoring" Biosensors    Link
全件表示(114件)
■ 学会発表
1. 2018/05/28 Investigation of research papers published in the field of Application of Bioluminescence and Chemiluminescence to Flow Injection Analysis(20th anniversary of the symposium ISBC (International Symposium for Bioluminescence and Chemiluminescence)) Link
2. 2015/09/08 Microbial Biosensor Methods for Recent Organic Pollution (Invited Lecture)(EuroAnalysis 2015 (18th edition of EuroAnalysis, the European Conference on Analytical Chemistry)) Link
3. 2010/02/11 Development of a surface plasmon resonance biosensing probe for plasma glucose (Invited Oral Presentation)(The 3rd International Conference on Advanced Technologies & Treatments for Diabetes (ATTD))
4. 2008/10/20 Developments of Glucose Biosensing Chip Techniques and Their Future Perspectives (Invited Oral Presentation)(The BITs 6th Annual Congress of International Drug Discovery Science and Technology (IDDST), Oct 18th-22th,)
■ 講師・講演
1. 2015/09/08 Microbial Biosensor Methods for Recent Organic Pollution(Bordeaux, France) Link
2. 2015/10/17 現在の有機廃水処理が招く環境水の汚濁問題と その計測法としてのバイオセンシング法の研究(ユニマテック株式会社(茨城県北茨城市))
3. 2012/12 出張模擬授業 「バイオと環境 - 河川や湖沼の水が汚れる原因とその対策について、バイオの視点から考えてみよう! - 」(星美学園高等学校(東京都))
4. 2011/12 出張模擬授業 「環境バイオテクノロジー - 生物の機能を利用して水質を測る技術について - 」(東京都立高校)
5. 2010/03 先端技術セミナー 「水中のアオコとリンの同時回収について」(八王子市・八王子未来学(文部科学省 戦略的大学連携支援事業)主催 八王子未来学カンファレンス)
全件表示(22件)
■ 取得特許
1. 2015/04/15 Biosensor measuring device, Bio-sensor measuring system, and Bio-sensor measuring method(EP 1927850) Link
2. 2013/08/16 バイオセンサ測定機、バイオセンサ測定システム及びバイオセンサ測定方法(大韓民国特許第10-1299275号) Link
3. 2013/05/21 生物感測測定機、生物感測測定系統及生物感測測定方法(中華民国特許第I 396842号) Link
4. 2012/10/09 Bio-sensor measurement machine, bio-sensor measurement system, and bio-sensor measurement method(United States Patent No. 8282813 B2) Link
5. 2012/03/07 バイオセンサ測定機、バイオセンサ測定システム及びバイオセンサ測定方法(中華人民共和国 特許第917933号) Link
全件表示(216件)
■ 教育上の能力
●教育方法の実践例
1. 2018/04~2019/01 「生物の世界」全15回、6クラス合計826名が受講する講義において、受講投稿で毎回寄せられた数十の質問に全て解答するとともに解説を加えてmoodle上で公開した
2. 2018/04~2018/07 「自然とエネルギー」全15回、466名が受講する講義において、受講投稿で毎回クラスごとに寄せられた数十の質問に全て解答するとともに解説を加えてmoodle上で公開した
3. 2008/04~ 新入生の導入教育授業「学習技法」で2年次学生との交流を提案(H19年度).翌年度より応用生物学部内で実施.
4. 2008~2009 新入生対象の学内オリエンテーリングの実施を提案(H19年度).H20年度からイベント委員に任命され、応用生物学部で実施.
5. 2005/12~2009/03 研究室内就職支援策: 4年生の就職内定者による3年生への面接指導の実施 会議などで紹介
●作成した教科書、教材
●実務の経験を有する者についての特記事項
●その他教育活動上特記すべき事項
全件表示(32件)
■ 職務上の実績
●実務の経験を有する者についての特記事項
1. 2017~ Google Scholar My Home Link
2. 2018/09/01~ Guest Editor of Special Issue “Microbial Biosensors” in the MDPI’s Journal of “Biosensors” Link
3. 2019 プロフィール掲載 Who's Who in the World, 2019, 36th Edition, Marquis Who's Who, NJ, USA
4. 2018 プロフィール掲載 The 2018 Albert Nelson Marquis Lifetime Achievement Award, Marquis Who's Who, NJ, USA
5. 2018 プロフィール掲載 Who's Who in the World, 2018, 35th Edition, Marquis Who's Who, NJ, USA
全件表示(18件)
■ 社会における活動
1. 2022/11~ Special Issue Editor of "Editorial Board Members’ Collection Series: Biosensors for Novel Biomarkers in Healthcare" in Biosensors (International scientific journal) Link
2. 2022/09~ Scientific Advisory Committee Member of "The 3rd International Electronic Conference on Biosensors (IECB2023)" Link
3. 2022/04~2022/09 International Program Committee Member of "IFTC' 2022: 4th IFSA Frequency & Time Conference" Link
4. 2021/07~2022/02 Scientific Committee Member of "The 2nd International Electronic Conference on Biosensors [IECB2022]" Link
5. 2021/04~2022/12 Special Issue Editor of "Microbial Biosensors for Environmental Monitoring" in Biosensors (International scientific journal) Link
全件表示(21件)
■ 所属学会
1. 2017/03~ International Society for Bioluminescence and Chemiluminescence (ISBC; Invited) Link
2. 2017/03~ ∟ International Scientific Committee
3. 2011/06~ American Nano Society (ANS; Invited) Link
4. 2010/12~ Royal Society of Biology (RSB, United Kingdom; Invited) Link
5. 2005/07~ American Chemical Society (ACS; Invited) Link
全件表示(10件)
■ 委員会・協会等
1. 2022/11~ Special Issue "Editorial Board Member's Collection Series - Biosensors for Novel Biomarkers in Healthcare" in Biosensors (MDPI) Guest Editor Link
2. 2022/09~ The 3rd International Electronic Conference on Biosensors (IECB2023) Scientific Advisory Committee Member Link
3. 2022/04/01~2022/09 International Frequency Sensor Association (IFSA) International Program Committee Member Link
4. 2021/04/01~2022/12 Special Issue "Microbial Biosensors for Environmental Monitoring" in Biosensors (MDPI) Guest Editor Link
5. 2021/07/22~2022/02/18 The 2nd International Electronic Conference on Biosensors [IECB2022] Scientific Committee Link
全件表示(16件)
■ 受賞学術賞
1. 2015/09 EUROANALYSIS 2015 (European Chemical Society) One of The Five Historical Contributors of The Microbial Biosensor Studies
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2011/04~2013/06  就職支援モデルの構築に関する研究 国内共同研究 
2. 2008/04~2011/03  手術中の迅速な腫瘍診断のための分子標的センサーシステムの開発 基盤研究B 
3. 2007/04~2009/03  水耕栽培を応用した淡水の効率的な浄化に関する研究II 機関内共同研究 
4. 2006/04~2007/03  水耕栽培を応用した淡水の効率的な浄化に関する研究 機関内共同研究 
5. 2005/04~2008/03  手術中に腫瘍の生化学情報をモニタリングするシステムの開発 基盤研究(B) 
全件表示(11件)
■ ホームページ
   My Homepage in Google Scholar for Research Profile