(最終更新日:2017-01-04 20:39:03)
  オク マサヒロ   Oku Masahiro
  奥 正廣
   所属   学環 教養学環
   職種   教授
■ 職歴/学内役職・委員
1. 1985/04 東京工業大学 心理学研究室 教務補佐員
2. 1987/04~1991/03 社団法人農村生活総合研究センター 研究員
3. 1991/04~2003/03 東京工科大学 工学部一般教養学系 専任講師
4. 1991/04~1995/03 東京工科大学 工学部 専任講師
5. 1992/04~1999/03 東京工科大学 計算機運用委員会 委員
全件表示(29件)
■ 専門分野
社会心理学, 教育工学, 社会学 (キーワード:社会工学、社会心理学、創造性研究) 
■ 著書・論文歴
1. 2010/10 その他  大学授業におけるSNS利用の学習効果 (共著) 
2. 2010/08 その他  SNS利用による学生間交流促進に基づく社会的スキルの向上 (共著) 
3. 2010/05 著書  発想と企画の心理学 (共著) 
4. 2008/09 著書  教師のための「教育メソッド」入門 (共著) 
5. 2007/12 論文  Webシステムに支援された創造性支援教育の現状と展望 (単著) 
全件表示(46件)
■ 学会発表
1. 2016/11/05 サステイナビリティ教養教育の構想に向けて2(日本創造学会第38回研究大会)
2. 2015/10/03 サステイナビリティ教養教育の構想に向けて(日本創造学会第37回研究大会)
3. 2009/10/09 The evaluation of social networking service and its support for creative education(STANS09)
4. 2009/09/22 日本の大学の創造性教育(シンポジウム「日本の大学・大学院の創造性教育」)(日本教育心理学会第51回総会)
■ 講師・講演
1. 2005/09 KITの挑戦:その文脈と意味
2. 2006/02 Web創造性教育支援システムの開発:その構想、現状、展望(金沢市 北陸先端科学技術大学院大学)
3. 2015/07 「生き生きした高齢社会」を考える素材: 実証研究の成果から(朝日エル本社)
4. 2016/01 創造性研究から見たQOL(多摩大学 大学院 品川キャンパス)
■ 教育上の能力
●教育方法の実践例
1. 2002/09 Web掲示板(BBS)を用いた、出席確認、質疑、課題提出、資料配付、レポート提出、その他の情報提供・情報交換・情報公開:[目的]情報の即時的フィードバック・交換に基づく、学生-教師間や学生同士の対話・交流の促進、学生の自己表現や授業参加度の向上
2. 2003/04 """(学習技法) 創造性支援技法の訓練を含む、レポート作成、シナリオ・計画作成、発表、議論の機会の提供:[目的]各種自己表現技法の訓練,"""
●作成した教科書、教材
1. 2002/12 """(セミナ社会心理学I,II) 教科書「創造力事典」:[目的]現代創造性研究の成果の体系化"""
2. SNSを利用した協働促進のための各種課題の開発・試行
3. SNSを利用した授業に適した各種課題の開発・試行
全件表示(6件)
■ 所属学会
1. 1978/04~ 日本社会心理学会
2. 1978/04~ 日本創造学会
3. 1990/04~ ∟ 学会誌「創造性研究」常任編集委員
4. 2004/01 ∟ 第26回研究大会実行委員長
5. 2004/01~ ∟ 論文誌査読委員
全件表示(17件)
■ 委員会・協会等
1. 2008/01/01~2010/12/31 日本創造学会 副理事長
2. 2010/01/01~2010/12/31 日本創造学会 理事長
3. 2011/01/01~2013/12/31 日本創造学会 副会長
4. 2014/01/01~2016/12/31 日本創造学会 会長
■ 受賞学術賞
1. 1984/10 昭和59年度日本社会心理学会若手研究者奨励賞受賞
2. 2004/10 日本創造学会論文賞
3. 2004/10 論文賞
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2007/04~2009/03  オンリーワン・ベストケアを実現するキャリアデザイン支援システムの研究開発 その他