(最終更新日:2018-02-02 09:06:17)
  シモムラ ミフミ
  下村 美文
   所属   医療保健学部 臨床工学科
   職種   専任講師
■ 職歴/学内役職・委員
1. 2002/04~2003/07 国立医薬品食品衛生研究所 衛生微生物部 所属  財団法人 ヒューマンサイエンス振興財団 流動研究員
2. 2003/08~2004/05 国立医薬品食品衛生研究所 衛生微生物部 賃金職員
3. 2003/08~2005/06 国立大学法人 東京大学大学院工学系研究科 附属水環境制御研究センター 研究機関研究員
4. 2004/11~2005/06 国立大学法人 東京農工大学大学院工学教育学部 生命工学専攻 特任助手
5. 2005/07~2007/03 東京工科大学 バイオニクス学部 バイオニクス学科 助手
全件表示(10件)
■ 専門分野
複合化学, 環境学, 土木工学 (キーワード:環境分析化学、生体関連化学、バイオセンサー、化学物質影響科学、土壌・水質評価) 
■ 著書・論文歴
1. 2017/09 その他  未利用バイオマスの資化および含有抗菌性物質の活用 (共著) 
2. 2016/09 その他  ショウガに含まれる抗菌性物質の活用 (共著) 
3. 2016/09 その他  酵母菌による木質バイオマスの長期分解・資化 (共著) 
4. 2016/09 その他  青森ヒバ精油の乳化状態の評価および抗菌活性の確認 (共著) 
5. 2016/03 その他  食品廃棄物性バイオマス中に含まれる抗菌性物質の活用 (共著) 
全件表示(67件)
■ 学会発表
1. 2017/09/07 未利用バイオマスの資化および含有抗菌性物質の活用(第28回廃棄物資源循環学会研究発表会)
2. 2016/09/29 ショウガに含まれる抗菌性物質の活用(第27回廃棄物資源循環学会研究発表会)
3. 2016/09/29 酵母菌による木質バイオマスの長期分解・資化(第27回廃棄物資源循環学会研究発表会)
4. 2016/09/29 青森ヒバ精油の乳化状態の評価および抗菌活性の確認(第27回廃棄物資源循環学会研究発表会)
5. 2016/03/16 食品廃棄物性バイオマス中に含まれる抗菌性物質の活用(第50回日本水環境学会年会)
全件表示(22件)
■ 展覧会・演奏会・競技会等
1. 2012/10/04~2012/10/05 第2回おおた研究・開発フェア(東京)
■ 職務上の実績
●その他職務上特記すべき事項
1. 2001/04~2002/03 <科研費・財団助成等の受領実績>環境省 公害防止等試験研究費 (2,462万円) 感染症に及ぼす内分泌かく乱物質の影響に関する研究
2. 2002/04~2004/03 <科研費・財団助成等の受領実績>環境省 公害防止等試験研究費 (5,143万円) 感染症に及ぼす内分泌かく乱物質の影響に関する研究
3. 2006/04~2007/03 <科研費・財団助成等の受領実績>中谷電子計測技術振興財団 第22回 技術開発研究助成金 (200万円) 生体内のダイオキシン類測定のための携帯用表面プラズモン共鳴バイオセンサの開発
4. 2006/06~2009/07 <共同研究>高感度BOD(Biochemical Oxygen Demand)センサーの開発 (4,000万円)
5. 2007/04~2009/03 <科研費・財団助成等の受領実績>文部科学省 科学研究費補助金 若手(B)  (356万円) ナノ膜固定化微生物を利用した新規の多目的BODセンサの開発
全件表示(8件)
■ 所属学会
1. 1993/04~1997/03 日本化学会
2. 1993/04~1997/03 日本環境教育学会
3. 1998/06~ 日本内分泌撹乱化学物質学会
4. 2002/11~2005/03 日本細菌学会
5. 2003/06~ 日本エンドトキシン研究会
全件表示(10件)
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2011/04~2014/03  低栄養生育酵母による木質系廃棄バイオマスの分解と高効率な有用資源化への応用 基盤研究(C) 
2. 2014/04~  酵母による分解と超音波霧化技術を併用した木質系廃棄バイオマスの高度有効活用 基盤研究(C) 
■ 資格・免許
1. 1992/03/10 危険物取扱者 乙種第四類
2. 1994/03/11 特定化学物質等作業主任者
3. 1995/03/20 学士(家政学)
4. 1995/03/31 高等学校教諭1種(理科)免許 
5. 1995/03/31 中学校教諭1種(理科)免許
全件表示(16件)