(最終更新日:2020-03-19 14:29:31)
  ミカミ コウジ   Koji Mikami
  三上 浩司
   所属   メディア学部 メディア学科
   職種   教授
■ 職歴/学内役職・委員
1. 1995/04~1997/03 日商岩井株式会社 メディア事業部 社員
2. 1997/12~1998/09 株式会社エムケイ プロデューサ
3. 1998/10~2005/03 東京工科大学 片柳研究所 クリエイティブ・ラボ プロデューサ
4. 2005/04~2007/03 東京工科大学 片柳研究所 助手
5. 2007/04~2017/03 東京工科大学 Web運用委員会 委員
全件表示(18件)
■ 専門分野
コンテンツ工学(コンテンツ制作工程), ゲーム制作技術(ゲームデザイン,リアルタイムレンダリング,テストプレイ,S3D), CGアニメーション制作技術(NPR,Motion Capture, Stylized Animation,S3D), シナリオ制作技術(制作手法,制作支援システム), コンテンツ制作(ゲーム,CG,アニメ,ディジタルシネマ) (キーワード:ゲーム,アニメ,CG,S3D,ディジタルシネマ,制作工程) 
■ 著書・論文歴
1. 2019/12 論文  Difficulty Adjustment Using Player's Performance and Electroencephalographic Data The Journal of the Society for Art and Science 18(5) (共著)  Link
2. 2019/10 論文  Plot writing support system for Ensemble cast based on analyzing movies International Journal of Asia Digital Art and Design Association 23(3),pp.35-42 (共著) 
3. 2019/09 論文  ANALYSIS OF SCARE EFFECTS FOR TIMING OF REVEALING THREATS IN HORROR CONTENTS ,Journal of Graphic Science of Japan 53(2),pp.3-9 (共著) 
4. 2019/07 論文  3D Drafting System based on Shape Analysis of Super Deformed Characters International Journal of Asia Digital Art and Design Association 23(2),pp.9-15 (共著) 
5. 2019/06 論文  Region Control in Stylized Shading Using Radial Transformation within Texture Projection IIEEJ Transactions on Image Electronics and Visual Computing 7(1),pp.36-45 (共著) 
全件表示(100件)
■ 学会発表
1. 2019/11/27 Composition design support system for shot of enemy character appearance in horror movies,(2019 ADADA+Cumulus)
2. 2018/12/04 Education and Job Hunting for Game and Animation in Japanese University(SIGGRAPH ASIA 2018, China - Japan Exchange Session: CG industry, Market and Training)
3. 2018/12/03 The Research On Virtual Reality Sickness With Advancing Color And Receding Color(VRCAI 2018)
4. 2018/07/27 Current Situation in the Japanese Game Research and Game Development Pedagogical Practice(DiGRA2018)
5. 2018/06/29 Control of Enemies' Behaviors According to the Player's Field of View in VR Games(Nicograph International 2018)
全件表示(308件)
■ 展覧会・演奏会・競技会等
1. 2019/09/12~2019/09/15 東京ゲームショウ2019(幕張メッセ)
2. 2019/10/18~2019/10/20 Playing Bauhaus(ゲーテインスティテュート)
3. 2019/03/23~2019/03/24 Anime Japan 2019(東京ビッグサイト)
4. 2019/05/03~2019/05/24 台湾大学芸術祭(国立台湾大学)
5. 2019/01/25~2019/01/27 Global Game Jam 2019(東京工科大学)
全件表示(47件)
■ 講師・講演
1. 2019/12/01 Business and Management for Game Development in Japan(Ryad(Saudi Arabia))
2. 2019/12/02 Fundamental of Game Design(Ryad(Saudi Arabia))
3. 2019/12/03 Business and Management for Game Development in Japan(Jeddah(Saudi Arabia))
4. 2019/12/05 Business and Management for Game Development in Japan(Dammam(Saudi Arabia))
5. 2019/09/04 Peracon2019(横浜)
全件表示(66件)
■ 教育上の能力
●教育方法の実践例
1. 2004/07~ 新規カリキュラムの構築 現代GP「インタラクティブ・ゲーム制作の実践教育」
2. 2005/04~ プロジェクト演習(インタラクティブ・ゲーム制作)
3. 2008/09~ アジア人財資金構想に伴うコンテンツブリッジ人材育成
4. 2010/01~ Global Game Jamを利用した産業界の人材とのコラボレーション制作
5. 2010/07~ ゲーム産業における実践的OJT/OFF-JT 体感型教育プログラム"文部科学省 産学連携による実践型人材育成事業-専門人材の基盤的教育推進プログラム-
●作成した教科書、教材
●実務の経験を有する者についての特記事項
●教育に関する発表
●その他教育活動上特記すべき事項
全件表示(30件)
■ 職務上の実績
●実務の経験を有する者についての特記事項
1. 1999~ CGアニメなどの映像作品のプロデュース
2. 1999~ モーションキャプチャリングシステムを活用したコンテンツ制作
■ 社会における活動
1. 2017/10~2017/10 生体情報を使ってゲームをもっと面白く
2. 2017/07~2017/07 生体情報を利用してゲームをもっと面白く
3. 2017/07~2017/07 ゲームを教育する Link
4. 2016/07 生体情報を分析してゲームをもっと面白く! Link
5. 2015/01~2015/01 Global Game Jam 2015東京工科大学会場の運営
全件表示(18件)
■ 所属学会
1. 2000~ 芸術科学会
2. 2006/03~2013/05 ∟ 論文委員
3. 2009/06~2011/05 ∟ 評議員
4. 2011/06~2013/05 ∟ 論文誌論文委員長
5. 2011/06~2015/11 ∟ 理事
全件表示(20件)
■ 委員会・協会等
1. 2018/06~ 「若手アニメーター等人材育成事業(あにめたまご)」,日本動画協会,文化庁 調査研究委員
2. 2018/07~ 三鷹の森インディーズアニメフェスタ 実行委員長・審査委員長
3. 2011/03~ 社団法人 コンピュータエンタテインメントソフトウェア協会 CEDEC委員
4. 2011/07~ 財団法人画像情報教育振興協会 CGクリエイター教育推進委員会委員
5. 2005/04/01~ 財団法人画像情報教育振興協会 協会委員
全件表示(49件)
■ 受賞学術賞
1. 2019/11 芸術科学会 論文誌優秀論文賞 (フローゾーンを超えた動的難易度調整~イリンクスを楽しむDynamic Pressure Cycle Control 手法~)
2. 2019/01 Association for Computing Machinery Recognition of ServiseAward
3. 2019/03 情報処理学会・エンタテインメントコンピューティング研究会 研究会研究奨励賞 (タッチインタラクションと音で実現する『あたたかさ』〜)
4. 2019/03 映像表現・芸術科学フォーラム 優秀発表賞(ポスター) (OGRone:マルチローターを用いた浮遊感覚提示デバイスの開発)
5. 2018/03 映像表現・芸術科学フォーラム 2018 (Expressive Japan) 優秀ポスター賞 (機械学習を用いたアニメ絵コンテの自動着色手法)
全件表示(22件)
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2017/04~2020/03  広視野角VRゲームコンテンツのための注視範囲を考慮したゲームアクションデザイン 基盤研究C (キーワード:ヴァーチャルリアリティ,ゲームデザイン,コンテンツ)
2. 2012/04~2014/03  脳波データを活用した映像コンテンツシナリオの分析と評価手法の研究 若手B 
3. 2012/08~  ゲームプログラムに関する教育研究支援 奨学寄附金 
4. 2010/07~2011/03  産学連携による実践型人材育成事業 その他の補助金・助成金 
5. 2008/06~2011/03  アジア人財資金構想 その他の補助金・助成金 
全件表示(30件)
■ ホームページ
   公式Web