(最終更新日:2018-09-11 16:38:18)
  イトウ ケンイチロウ   Ken-ichiro ITO
  伊藤 謙一郎
   所属   メディア学部 メディア学科
   職種   准教授
■ 職歴/学内役職・委員
1. 1994/04~1995/03 東京コンセルヴァトアール尚美 非常勤講師
2. 1999/10~2001/01 東京工科大学 メディア学部メディア学科 Teaching Assistant
3. 2000/04~2007/03 上野学園大学 短期大学部音楽科 非常勤講師
4. 2001/04~2003/03 東京工科大学 片柳研究所クリエイティブ・ラボ 嘱託研究員
5. 2003/04~2004/03 東京工科大学大学院 メディア学研究科 専任講師
全件表示(16件)
■ 専門分野
作曲, 音楽理論, ソルフェージュ 
■ 著書・論文歴
1. 2018/02 その他  “AESTUS” for Piano【作曲】(大井浩明 ポック [POC/ Portraits of Composers] #36「知命作曲家特集」)【初演】 (単著) 
2. 2017/03 その他  Jørgensenの分類手法を基にした記号/象徴からみるゲームサウンドの融合と分離の構造 (共著) 
3. 2017/03 その他  『モンスターハンター』シリーズの音楽に見る「ゲーム内生態系」の表現手法 (共著) 
4. 2017/03 その他  イベントトリガー間に付与されるサウンドのデザインパターンに関する検討と実装 (共著) 
5. 2017/03 その他  身体保持感と運動主体感から分析するゲームサウンドの機能 (共著) 
全件表示(84件)
■ 学会発表
1. 2018/06/29 A Case Study on Sound Design Analysis of Romantic Audio Drama for Female Applied the Theory of Cinema Audio(NICOGRAPH International 2018)
2. 2018/06/29 Development of Analytical Method on Musical Effect Sound in Japanimation Works(NICOGRAPH International 2018)
3. 2018/03/16 プレプロダクション用語を活用したアニメ用音響アセンブルシステム -オノマトペ研究とアニメ動画像解析を基盤として-(映像表現・芸術科学フォーラム2018)
4. 2018/03/16 映画音響理論を応用した『主観ショット型』オーディオドラマの構造分析手法に関する基礎検討 -女性向け恋愛オーディオドラマを例として-(映像表現・芸術科学フォーラム2018)
5. 2017/11/03 Dorian Contact meets 140 tiles(第4回 ADADA Japan 学術大会)
全件表示(55件)
■ 教育上の能力
●教育方法の実践例
1. 2001/04~ 専門演習 I・II「作曲演習」(東京工科大学)
2. 2003/04~2011/08 「音楽の基礎」(東京工科大学)
3. 2003/04~ プロジェクト演習 I〜VI「和声」(東京工科大学)
4. 2003/04~2006/03 卒業研究 I・II「コンテンツ音楽」(東京工科大学)
5. 2003/09~2004/01 「コンピュータ音楽制作論」(東京工科大学大学院)
全件表示(27件)
■ 社会における活動
1. 2009/10 雑誌 『AERA』10月19日号(10月10日発売)に「文系入学で理系就職 不況でも就職に強い大学」という特集で、指導している卒研生(女子学生1名)とともに、東京工科大学における音楽系の授業および卒業研究の位置づけと指導方針、卒業後の進路などについて取材を受け、記事が掲載された。 ※以下のURLのWEBページでも記事が紹介されている: http://www.asahi.com/job/2011/etc/OSK200911040058_03.html http://www.asahi.com/job/2011/
■ 所属学会
1. 2004/04~ 日本作曲家協議会
2. 2011/06~ 日本音楽教育学会
■ 受賞学術賞
1. 1996/08 「第1回 東京国際室内楽作曲コンクール」第3位入賞
2. 1996/09 「第13回 現音作曲新人賞」入選
3. 1997/08 「’97大田現代音楽祭」入選
4. 2010/10 「アジア音楽祭2010 in 東京」入選
5. 2011/11 日本現代音楽協会創立80周年記念音楽祭〈新しい音楽の カタチ〉作品公募入選(主催:日本現代音楽協会)
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2009/04~2013/03  音楽構成要素の分解と再構築による聴音課題作成とその教育効果に関する研究 基盤研究(C)