(最終更新日:2021-08-02 17:49:44)
  サカキ シュンゴ
  榊 俊吾
   所属   メディア学部 メディア学科
   職種   教授
■ 職歴/学内役職・委員
1. 1999/04~2001/03 東京工科大学 メディア学部学生委員会 委員
2. 1999/04~2005/03 東京工科大学 メディア学部 メディア学科 専任講師
3. 2001/04~2005/03 東京工科大学 メディア学部就職委員会 委員
4. 2005/04~2007/03 東京工科大学 メディア学部 メディア学科 助教授
5. 2006/04~ 東京工科大学 バイオ・情報メディア研究科メディアサイエンス専攻運営連絡会 委員
全件表示(24件)
■ 著書・論文歴
1. 2021/02 論文  PDCAサイクルによる意思決定と最適成長について ビジネス科学研究 9,11-20頁 (単著) 
2. 2019/12 論文  社会シミュレーションモデルの構築法とプログラム実装:プログラミング教育の視点から ビジネス科学研究 (8) (単著) 
3. 2019/10 論文  Equality in income and sustainability in economic growth: Agent-based simulations on OECD data. Sustainability  (単著) 
4. 2019/10 その他  IR設置に伴う日本の動向について 情報文化学会講演予稿集27 59-62頁 (共著) 
5. 2019/10 その他  仮想通貨の現状と展望 情報文化学会講演予稿集27 24-25頁 (共著) 
全件表示(65件)
■ 学会発表
1. 2021/06/26 社会経済行動のデータ編集/管理に関する工学的手法について(2021 年度ビジネス科学学会全国大会)
2. 2021/06/26 女性アイドルグループ音楽作品のビジネスモデル研究(2021 年度ビジネス科学学会全国大会)
3. 2021/06/26 和菓子の業界・消費動向と今後の展望(2021 年度ビジネス科学学会全国大会)
4. 2021/06/14 日本におけるSVODの現状と展望(日本地域政策学会 第20回全国研究【熊本】大会)
5. 2021/06/14 日本の地域活性化成功例の分析(日本地域政策学会 第20回全国研究【熊本】大会)
全件表示(48件)
■ 講師・講演
1. 2004/02 日本経済の技術パラダイム転換と持続的成長に関する実証研究
■ 教育上の能力
●作成した教科書、教材
1. マクロ経済学の講義においてテキストをPPTで作成。
2. ミクロ経済学の講義においてテキストをPPTで作成。
3. 回帰分析、財務分析等のテキスト、教材(演習データ等)をエクセル等で作成。
4. 講義用テキストをPPTで作成
5. 財務会計ための講義・演習教材(ソースコード・データ等)をPPT、EXCEL、AADL(代数的会計記述言語)で作成
全件表示(7件)
■ 社会における活動
1. 2007/04 SNA推計システム手法の改善(システム最適化) 内閣府経済社会総合研究所・客員研究員
■ 所属学会
1. 1997/03~ 進化経済学会
2. 2016/11~ 情報文化学会
■ 委員会・協会等
1. 2007/04 日本社会情報学会総務委員会 委員
2. 2008/01 内閣府大臣官房 統計委員会 基本計画部会 第4ワーキンググループ・委員
3. 2008/04 日本社会情報学会学術委員会 委員
4. 2012/04/01~ 研究活動委員会 委員
5. 2015/04/01~ 社会経済システム学会 理事 Link
全件表示(6件)
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2001/04~2006/03  「特定領域研究」ITの進化の基盤を拓く情報学研究A06 計画研究「情報化と社会制度の構築に関する研究」  
2. 2006/04~2009/03  「特定領域研究」情報爆発時代に向けた新しいIT基盤技術の研究「B01-03 SOARS言語のグリッド基盤システム開発に関する研究」  
3. 2009/04~2011/03  東京工業大学大学院総合理工学研究科・出口弘教授 「特定領域研究」情報爆発時代に向けた新しいIT基盤技術の研究「B01-03 SOARS言語のグリッド基盤システム開発に関する研究」 特定領域研究 
4. 2015/04~2020/03  エージェントベースモデリングの実世界応用-シミュレーションから実世界OSまで 基盤研究(A)