(最終更新日:2018-02-09 11:28:23)
  ヤマザキ アキコ   Akiko Yamazaki
  山崎 晶子
   所属   メディア学部 メディア学科
   職種   准教授
■ 職歴/学内役職・委員
1. 2008/04~ メディア学部教務委員
2. 2008/04~2009/03 東京工科大学 教務委員会 委員
3. 2008/04~ 東京工科大学 メディア学部 メディア学科 准教授
4. 2009/04~2011/03 東京工科大学 教務委員会 委員
5. 2009/04~ 東京工科大学大学院 バイオ・情報メディア研究科 メディアサイエンス専攻 修士課程 准教授
全件表示(7件)
■ 専門分野
社会学, 会話分析, 相互行為分析, ヒューマンコンピュータインタラクション, ヒューマンロボットインタラクション, ヒューマンインタラクション (キーワード:社会学、会話分析、相互行為分析、ヒューマンコンピュータインタラクション、ヒューマンインタラクション) 
■ 著書・論文歴
1. 2016/02 著書  日本人と日系人の物語  
2. 2015/12 論文  ワークプレース研究と相互行為分析-2つの会議場面の分析を通じて (共著)  Link
3. 2014/04 論文  Interactions between a quiz robot and multiple participants: Focusing on speech, gaze and bodily Conduct in Japanese and English speakers (共著)  Link
4. 2014/03 論文  Multiple robotic wheelchair system able to move with a companion using map information (共著)  Link
5. 2014/01 論文  科学博物館における身体ひねりを用いたロボット(TalkTorque-2)と観客との相互行為の分析 (共著)  Link
全件表示(102件)
■ 学会発表
1. 2013/08 Elderly Support Using an Embodied Robot Avatar: Conversation Analysis of Robot-Assisted Human Interaction(IIEMCA 2013) Link
2. 2013/08 Human Interactions with a Museum Quiz Robot: Exploring Social Strategies to Draw Audience Attention(IIEMCA 2013) Link
3. 2013/08 Multiplicity of Bodily Resources for a Robot in a Multiparty Interaction(IIEMCA 2013) Link
4. 2012/03 A Techno-Sociological Solution for Designing a Museum Guide Robot: Regarding Choosing an Appropriate Visitor(HRI2012)
5. 2012/03 Establishment of Spatial Formation by Mobile Guide Robot(HRI2012)
全件表示(35件)
■ 展覧会・演奏会・競技会等
1. 1997/02 差別のエスノメソドロジーからメディアスペースプロジェクトへ(札幌学院大学社会情報学部講演会)
■ 講師・講演
1. 2003/07 Robot as Communication Media --The Effect of Head and Body Movement on Co-Present's Impression
2. 2004/04 Dual ecologies of robot as communication media: thoughts on coordinating orientations and projectability
3. 2004/11 Mediating dual ecologies
4. 2006/09 Museum Guide Robot with Communicative Head Motion
5. 2007/04 Museum guide robot based on sociological interaction analysis.
全件表示(9件)
■ 教育上の能力
●作成した教科書、教材
1. 2015/09 社会調査法に関するホームページを作成
2. マスコミュニケーションの資料としてパワーポイントを作成、及び動画などの資料を作成
3. マスコミュニケーションの授業においてパワーポイントを作成
4. 調査分析法Ⅰの授業においてパワーポイント作成
5. 調査分析法の資料としてパワーポイントを作成
■ 所属学会
1. Association of Computer Machinery
2. 関東社会学会
3. 日本社会学会
■ 受賞学術賞
1. 1999 情報処理学会山下賞
2. 2007/09 Best Prenseter Award IEEE RO-MAN
3. 2008/04 Honorble mention paper (Best of CHI) ACM SIGCHI
4. 2010 情報処理学会論文賞
5. 2012/07 Best Paper Award
全件表示(6件)
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2001  Anglo-Japanese foundation その他の補助金・助成金 
2. 2004~2006  コミュニケーション志向のネットワーク型学習机の開発 基盤研究(B) 
3. 2004~2009  ミュージアムの活用と未来 鑑賞行動の脱領域的研究 競争的資金等の外部資金による研究 
4. 2004~2005  共同学習空間としてのミュージアムのエスノメソドロジー的・CSCL的研究  
5. 2004~2006  共同空間の複層性にかんする社会学的研究  
全件表示(21件)
■ 資格・免許
1. 専門社会調査士