(最終更新日:2018-10-26 18:19:48)
  サカイ タダシ   Tadashi SAKAI
  酒井 正
   所属   デザイン学部 デザイン学科
   職種   専任講師
■ 職歴/学内役職・委員
1. 2000/04~2003/03 東京芸術大学 美術学部デザイン科 兼任講師
2. 2003/04~2005/03 女子美術大学 芸術学部デザイン学科 専任助手
3. 2005/04~2006/03 女子美術大学 芸術学部デザイン学科 専任助手
4. 2006/04~2011/03 実践女子大学 文学部美学美術史学科 専任講師
5. 2011/04~2015/03 東京工科大学 デザイン学部就職委員会 委員
全件表示(13件)
■ 専門分野
芸術学, デザイン学 (キーワード:アートワークショップ・芸術学・芸術史・芸術一般、材料加工・処理) 
■ 著書・論文歴
1. 2018/05 その他  オリエ・アートギャラリーで開催した研究作品発表展の報告 (共著) 
2. 2015/05 その他  アートプロジェクト
アーティストの現場から
「ハンドツリーアートプロジェクト」 (共著) 
3. 2014/10 論文  「場」の記憶を呼び覚ます装置としての造形制作 (単著) 
4. 2013/10 論文  被災地におけるアートプロジェクトの展開と可能性 (単著) 
5. 2013/10 その他  Hand Tree Art Project (単著) 
全件表示(18件)
■ 学会発表
1. 2018/09/03 3Dプリンターを活用した幼児のための器デザイン(第5回 ADADA Japan 学術大会) Link
2. 2018/07/04 地図にある形(2018韓国基礎造形学会 オタワ国際招待展覧会)
3. 2018/02 基礎造形における抽象化した風景の表現(2018KSBDA Gestaltung 国際企画招待作品展(スイス展))
4. 2017/12/23 抽象化した風景の表現02(環境芸術学会第18回大会-作品発表展)
5. 2017/11/25 基礎造形における風景を抽象化する試み(2017 韓国基礎造形学会 秋季 国際学術大会招待作品展)
全件表示(30件)
■ 展覧会・演奏会・競技会等
1. 1997/07 あかりのオブジェ展(岐阜文化センター)
2. 1998/08 あかりメッセージ展(AXISギャラリー)
3. 1998/10 伊藤隆道研究室展(ユニオンショールーム虎ノ門)
4. 2000/02 東京芸術大学修了作品展(東京都美術館)
5. 2000/03 小田原アートの棲み家展(小田原大工町商店街)
全件表示(75件)
■ 講師・講演
1. 2011/11 東日本大震災被災地復興のためのアートワークショップ「ハンドツリーアートプロジェクト」報告(神戸ビエンナーレハーバーランドファミリオ会場)
2. 2013/01 ハンドツリーアートプロジェクト活動報告
3. 2014/10 2014年度 環境芸術学会奨励賞 受賞記念講演(群馬県伊香保町)
4. 2015/02 コンテンツ活用による新たなライフスタイルのあり方と知的財産について(神奈川県川崎市)
5. 2016/12 子供たちが「生きる力」身につけるためにできること(コンテハウス駒込)
■ 教育上の能力
●教育方法の実践例
1. 2006/04~2011/03 20世紀初頭からのデザインの基本的な事例を学習した後に、自らも手を動かしてデザインの基礎として名刺制作をする。 ・パワーポイントを利用したスライドでの説明 ・コンピュータをリアルタイムで利用して操作方法を説明 ・学内LANを通じてのデータによる作品提出 ・ティーチングアシスタントを活用
2. 2006/04~2011/03 美術展示デザインの違いを具体的な事例を交えながら体験する。自らも展示計画模型を制作して展示デザイン力をつける。 ・世界の美術館の展示を、パワーポイントを使用したスライドにより説明 ・スチレンボード利用しての模型造り ・照明効果の違いによる作品の見え方の変化を体験するために、石膏像と照明器具を利用 ・コンピュータを利用した作品のキャプション制作 ・スキャナーを利用した画像入力 ・展示計画プレゼンテーションを制作した模型作品を利用して行う ・展示会場の図面上での縮尺と実際のスケールの違いについて、設計図面をもとに説明して模型制作に生かす。
3. 2006/09~2011/03 デザインを造形の構成要素に分析する。コンピュータグラフィックスデザインの基礎としてペンタブレットを使用して小さなCG絵本の制作をする。 ・パワーポイントを利用したスライドでの説明 ・コンピュータをリアルタイムで利用して操作方法を説明 ・フィールドワークを行い、体験を通してデザインの要素を教室の外から集める ・アナログ的デジタル入力の方法としてペンタブレットの活用 ・学内LANを通じてのデータによる作品提出 ・ティーチングアシスタントを活用
4. 2007/04~2011/03 自己表現の追及として、観察力をあげる訓練を行った後に、自己の中にある表現とは何かを探る。自分をテーマとしたポスターを制作する。 ・画像入力のために、スキャナー、デジタルカメラなどを利用 ・画像加工のために、コンピュータを利用 ・出力のために、大型インクジェットプリンターの利用 ・観察力の向上のために、学外に出て、ワークショップを行う ・作品プレゼンテーションの時間をとり、作品をもとにディスカッションを行う
5. 2007/09~2011/03 デザインの基礎としてカレンダーを制作する。 ・実際のカレンダーを利用してデザイン構成要素の分解を行う ・スキャナー、デジタルカメラなどのデジタルツールを利用した画像の入力を行う ・中間検討会、最終講評会を行い、プレゼンテーションとディスカッションを組み合わせる ・画像加工のためにコンピュータを利用 ・出力のためにプリンターを利用
●作成した教科書、教材
●実務の経験を有する者についての特記事項
全件表示(13件)
■ 職務上の実績
●実務の経験を有する者についての特記事項
1. 2001/08 香川県文化交流事立体コース講師
2. 2002/08 北海道美術セミナー「デッサンと着彩」講師
3. 2004/07 公開講座「のぞいてびっくり!トリックキューブ」講師
4. 2006/03~2011/03 実践女子大学文学部美学美術史学科案内冊子デザイン
5. 2006/04~2011/03 実践女子学園香雪記念資料館館報4号〜8号の表紙デザイン
全件表示(24件)
■ 社会における活動
1. 2009/05 Precious String Quartet コンサートのグラフィックデザインを担当
2. 2012/10 Precious String Quartet コンサートvol.2のグラフィックデザインを担当
3. 2013/07 Precious String Quartet コンサートvol.3のグラフィックデザインを担当
4. 2013/07 「きままに音楽会2013」のグラフィックデザイン制作
5. 2015/01 Precious String Quartet New Yearコンサート2014 グラフィックデザイン
全件表示(7件)
■ 所属学会
1. 2000/07~ 環境芸術学会
2. 2001/04~2007/03 ∟ 事務局員
3. 2007/04~ ∟ 事務局長
4. 2007/04~ ∟ 理事
5. 2014 ∟ 第15回大会実行委員
全件表示(18件)
■ 委員会・協会等
1. 2005/08~ 環境芸術学会 学会報編集委員会 編集委員
2. 2009/04~2009/12 環境芸術学会創立10周年記念誌編集委員会 表紙デザイン 編集
3. 2016/03/01~2016/11/13 環境芸術学会第17回大会実行委員会 大会実行委員
4. 2017/04/01~2017/12/31 環境芸術学会第18回大会実行委員会 大会実行委員
5. 2018/04/01~2018/10/31 環境芸術学会学会賞選定委員会 学会賞選定委員
全件表示(7件)
■ 受賞学術賞
1. 1996/10 ユポ・デザイン大賞  入賞
2. 1997/07 あかりのオブジェ展  審査員特別賞
3. 1999/07 あかりのオブジェ展テーマ部門  入選  
4. 1999/07 クラフト全国公募99  佳作賞
5. 1999/07 紙わざ大賞  中部電力奨励賞
全件表示(14件)
■ ホームページ
   酒井正ホームページ