(最終更新日:2018-12-04 14:01:13)
  クツナ トシキ
  忽那 俊樹
   所属   医療保健学部 理学療法学科
   職種   助教
■ 職歴/学内役職・委員
1. 2005/04~2008/03 学校法人北里学園 北里大学病院 リハビリテーションセンター部(非常勤)
2. 2008/04~2011/03 医療法人社団光生会 さがみ循環器クリニック
3. 2011/04~2012/03 学校法人北里研究所 北里大学病院 リハビリテーションセンター部
4. 2012/04~2017/03 学校法人北里研究所 北里大学東病院 リハビリテーション部
5. 2017/04~ 東京工科大学 医療保健学部 理学療法学科 国家試験ワーキンググループ
全件表示(9件)
■ 著書・論文歴
1. 2018/09 論文  Endothelial dysfunction is associated with cognitive impairment of elderly cardiovascular disease patients(高齢心血管疾患患者において内皮機能障害は認知障害と関連している) (共著)  Link
2. 2018/07 著書  リスク管理のためのメディカルチェックリスト 気になる“検査値”の読み方,考え方 (共著) 
3. 2018/07 著書  リスク管理のためのメディカルチェックリスト 気を付けなければならない患者の訴え,背景疾患 (共著) 
4. 2018/07 著書  疾患別運動療法編 腎疾患 (共著) 
5. 2018/07 著書  評価編 身体所見 (共著) 
全件表示(61件)
■ 学会発表
1. 2018/07/15 ベンチプレス運動の筋収縮時間とセット間の休止時間が循環動態に及ぼす影響(第24回日本心臓リハビリテーション学会学術集会)
2. 2018/07/15 神経筋電気刺激を併用した低強度レジスタンストレーニングにおける心血管応答と自律神経活動の変化について(第24回日本心臓リハビリテーション学会学術集会)
3. 2018/07 Difficulties with activities of daily living and all-cause mortality in patients on maintenance hemodialysis(維持血液透析患者における日常生活活動の困難感と全死亡の関係)(12th International Society of Physical and Rehabilitation Medicine World Congress 2018)
4. 2017/10 血液透析患者の日常生活活動(ADL difficulty)を決定づける因子の検討(第1回日本リハビリテーション医学会秋季学術集会)
5. 2017/08 Cardiac rehabilitation improves cognitive function in elderly patients with cardiovascular disease(高齢心血管疾患患者において心臓リハビリテーションは認知機能を改善させる)(European Society of Cardiology Congress 2017)
全件表示(12件)
■ 講師・講演
1. 2012/12 維持血液透析患者に対する運動療法の関わりについて(東京都文京区)
2. 2013/01 血液透析患者に対するリハビリテーションの効果と課題―運動による効果および循環器系,運動器系に関するリスクとその対策―(神奈川県横浜市)
3. 2013/10 末梢動脈疾患患者に対する運動療法の効果とその戦略(神奈川県鎌倉市)
4. 2018/09 腎臓リハビリテーションにおける運動療法と生活指導の実際(埼玉県さいたま市)
5. 2018/12 腎臓の基礎から運動とリスク管理について(静岡県静岡市)
■ 社会における活動
1. 2009~2009 透析者の運動のすすめ
2. 2009~2009 透析者の運動療法
3. 2011~2011 「透析と運動」に関する質問に答えます
4. 2014/11~2014/11 座談会 透析医療をささえる人びと<40> 腰痛の透析患者さんにどう関わるか
5. 2015~2015 特集 透析患者の運動療法 自分でできる運動療法-安全で効果的な運動を行うために-
■ 所属学会
1. 2005/05~ 日本理学療法士協会
2. 2015/09~ ∟ 日本糖尿病理学療法学会 ガイドライン部会 部員
3. 2016/02~2016/12 ∟ 第35回関東甲信越ブロック理学療法士学会 学術局 演題審査部員
4. 2018/03~ ∟ ガイドライン・用語策定委員会糖尿病システマティックレビュー班副班長
5. 2005/06~ 日本心臓リハビリテーション学会
全件表示(10件)
■ 受賞学術賞
1. 2006/06 第51回日本透析医学会学術集会ゴールデンリボン賞(筆頭)
2. 2008/05 第43回日本理学療法学術大会奨励賞(分担)
3. 2010 平成22年度理学療法学学術誌優秀論文最優秀賞(分担)
4. 2011/05 第46回日本理学療法学術大会最優秀賞(分担)
5. 2017/06 平成29年度日本透析医学会賞(分担)
全件表示(6件)
■ 資格・免許
1. 2005/04 理学療法士
2. 2006/09 心臓リハビリテーション指導士
3. 2010/04 専門理学療法士(内部障害理学療法)