(最終更新日:2024-05-07 10:25:12)
  ヨシダ ワタル
  吉田 亘
   所属   応用生物学部 応用生物学科
   職種   教授
■ 職歴/学内役職・委員
1. 2008/04~2011/03 国立成育医療研究センター 周産期病態研究部 日本学術振興会特別研究員 (PD)
2. 2011/04~2013/03 東京農工大学大学院 工学研究院 特任助教
3. 2013/04~2013/08 東京農工大学大学院 工学研究院 生命工学専攻 特任助教
4. 2013/09~2017/09 東京工科大学 応用生物学部 応用生物学科 助教
5. 2014/04~ 東京工科大学 ノートPCWG 委員
全件表示(18件)
■ 著書・論文歴
1. 2024/05 論文  Small Au nanoparticles synthesized by peptide-based biomineralization for catalytic applications ACS Appl. Nano Mater. In press (共著)  Link
2. 2023/03 論文  Detection of CpG methylation level using methyl-CpG-binding domain-fused fluorescent protein Anal. Methods (15),pp.2294-2299 (共著)  Link
3. 2023/03 論文  Hybridization-based CpG methylation level detection using methyl-CpG-binding domain–fused luciferase Anal. Bioanal. Chem. 415,2329-2337頁 (共著)  Link
4. 2023/02 論文  Universal design of luciferase fusion proteins for epigenetic modifications detection based on bioluminescence resonance energy transfer (Selected as ACS Editors' Choice) Anal. Chem. 95,pp.3799-3805 (共著)  Link
5. 2022/07 著書  Bioluminescence resonance energy transfer for global DNA methylation quantification Bioluminescence. Methods in Molecular Biology 2525,pp.267-279 (共著)  Link
全件表示(85件)
■ 学会発表
1. 2024/03/01 紙製の微小ウェルを用いた化学発光高感度イメージングシステムの構築(交通・電気鉄道/マイクロマシン・センサシステム合同研究会)
2. 2023/12/10 がん診断のためのVEGF簡易検出法の開発(第15回大学コンソーシアム八王子学生発表会)
3. 2023/12/10 メチル化グアニン四重鎖構造を介した転写制御機構の解明(第15回大学コンソーシアム八王子学生発表会)
4. 2023/12/09 c-kit2グアニン四重鎖構造形成制御機構の解析(第15回大学コンソーシアム八王子学生発表会)
5. 2023/12/07 ACE2融合分割型ルシフェラーゼを用いたSARS-CoV-2検出法の開発(第46回日本分子生物学会年会)
全件表示(145件)
■ 展覧会・演奏会・競技会等
1. 2023/10/26~2023/10/27 がんやアルツハイマー病診断のためのメチル化DNA簡易測定法の開発(第13回おおた研究・開発フェア)
2. 2019/07/03~2019/07/05 ゲノムDNAメチル化レベル絶対定量法の開発(第1回 ファーマラボ EXPO -[医薬品] 研究開発 展-)
3. 2018/06/27~2018/06/29 簡易癌診断のためのメチル化DNA簡易測定法の開発(BIO tech 2018)
4. 2017/06/28~2017/06/30 メチル化DNA簡易測定法の開発(BIO tech 2017)
5. 2014/05/14~2014/05/16 ゲノム情報を用いたアプタマー同定方法及びアプタマーを用いた診断法の開発(BIO tech 2014)
■ 講師・講演
1. 2023/10/12 生命科学の医療への応用と バイオ医薬品開発(佼成学園女子高等学校)
2. 2022/10/14 最先端のバイオテクノロジー(多摩大学附属聖ヶ丘高等学校)
3. 2022/09/21 最先端のバイオテクノロジー(雪谷高等学校)
4. 2022/03/02 ゲノム科学の最前線(大成高等学校)
5. 2019/11/22 ゲノムとバイオテクノロジー(札幌光星高等学校)
全件表示(9件)
■ 取得特許
1. 2018/12/28 人工ヌクレアーゼの細胞への導入方法(特許第6455912号)
2. 2018/03/29 四重らせんDNA検出プローブ及びそれを用いた四重らせん構造の検出方法(特開2018-046821)
3. 2020/05/20 アプタマーの製造方法(特許第6706417号)
■ 教育上の能力
●作成した教科書、教材
1. 2013/09~ 核酸工学特論
2. 2013/09~2015/03 生物・化学基礎実験Ⅱ
3. 2014/04~2022/03 情報リテラシー演習
4. 2018/04~ 生物化学I (生化学I)
5. 2018/04~ 遺伝子工学(遺伝子・タンパク質工学)
全件表示(7件)
■ 社会における活動
1. 2023/04~2023/04 メディア報道:Group led by Tokyo University of Technology construct luminescent proteins that enable simple detection method of various modified bases (2023年4月5日、Science Japan) Link
2. 2023/03~2023/03 メディア報道:ゲノムDNA中の各種修飾塩基を測定する発光タンパク質構築法を開発(2023年3月30日、Chem-Station) Link
3. 2023/02~2023/02 新聞報道:修飾塩基を検出できる発光タンパク質構築法を開発 東京工科大など(2023年2月24日、科学新聞)
4. 2022/07~2022/07 メディア報道:Tokyo University of Technology develops simple and rapid measurement method of DNA hydroxymethylation by simply mixing reagents (2022年7月22日、Science Japan ) Link
5. 2022/07~2022/07 メディア報道:东京工科大学:只需混合试剂即可简单快速地测量DNA羟甲基化水平,可作为癌症和中枢神经系统疾病得生物标志(2022年7月6日、客観日本) Link
全件表示(25件)
■ 所属学会
1. 2008/08~ 日本分子生物学会
2. 2008/04~ エピジェネティクス研究会
3. 2007/04~ 日本化学会
4. 2007/04~ ∟ バイオテクノロジー部会
■ 受賞学術賞
1. 2023/02 ACS Editors' Choice Link
2. 2019/02 Elsevier Certificate of Excellence in Reviewing (Biosensors and Bioelectronics)
3. 2008/05 The Elsevier Biosensors & Bioelectronics Award 2008, 1st Runner-Up
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2024/04~2025/03  (代表) 超早期アルツハイマー病診断用ヒドロキシメチル化DNA検出法開発 競争的資金等の外部資金による研究 
2. 2023/08~2025/07  (代表) 超早期アルツハイマー病診断用バイオデバイスの開発 機関内共同研究 
3. 2024/01~2025/03  (代表)多重エピジェネティック修飾精密測定法の開発と在宅がん診断への展開 競争的資金等の外部資金による研究 
4. 2022/08~2023/07  (代表) 電界効果トランジスタ型超早期アルツハイマー病診断用バイオセンサの開発 競争的資金等の外部資金による研究 
5. 2022/04~2024/03  (代表) 新型コロナウイルス可視化法の開発 機関内共同研究 
全件表示(22件)
■ ホームページ
   吉田研究室HP