(最終更新日:2019-02-07 11:02:03)
  クスモト ヤスアキ
  楠本 泰士
   所属   医療保健学部 理学療法学科
   職種   専任講師
■ 職歴/学内役職・委員
1. 2014/04~2016/03 東京工科大学医療保健学部 学生委員会 委員
2. 2016/04~ 東京工科大学 情報管理委員会 委員
3. 2018/04~ 東京工科大学 国際委員会 委員
■ 著書・論文歴
1. 2019 論文  痙直型脳性麻痺者における足関節等尺性背屈時のH波の特徴 (共著) 
2. 2018/11 論文  疾患別整形外科理学療法ベストガイド 下肢編 「痙性尖足」 (単著) 
3. 2018/10 論文  Effects of an underwear-type hip abduction orthosis on sitting balance and sit-to-stand activities in children with spastic cerebral palsy(脳性麻痺児における座位バランスと立ち上がり運動へのパンツ型股関節外転装具の効果) (共著) 
4. 2018/10 論文  青年期軽度発達障害児と健常児の平衡機能の比較 (共著) 
5. 2018/08 論文  傾斜条件における重心動揺の検討 (共著) 
全件表示(64件)
■ 学会発表
1. 2018/12/23 短下肢装具の支柱の違いが痙直型両麻痺児一症例の歩 行と立位バランスに与える影響 ‐同一の靴型足部にお ける金属支柱とカーボン支柱の比較‐(第5回日本小児理学療法学会学術大会(大阪市))
2. 2018/12/22 選択的両股関節筋解離術後を施行した重度脳性麻痺児の機能変化  Life Inventory to Functional Evaluation を用いた検討(第5回日本小児理学療法学会学術大会(大阪市))
3. 2018/12/22 東京都小児リハビリテーションマップ第2 報(第5回日本小児理学療法学会学術大会(大阪市))
4. 2018/12/22 痙直型脳性麻痺患者におけるH反射の特徴と持続的ストレッチが脊髄前角細胞の興奮性に及ぼす影響のpilot study(第5回日本小児理学療法学会学術大会(大阪市))
5. 2018/12/14 重度脳性麻痺股関節脱臼に対する整形外科的選択的痙性コントロール手術、観血的整復術および大腿骨減捻内反骨切り術の中期成績(第29回日本小児整形外科学会学術集会(名古屋市))
全件表示(116件)
■ 講師・講演
1. 2010/06 選択的筋解離術について(総論)(神奈川県立こども医療センター)
2. 2011/03 選択的筋解離術について(各論)(神奈川県立こども医療センター)
3. 2015/02 脳性麻痺児の評価 手術適応の状態や時期について
4. 2015/09 脳性麻痺の運動学習(東京工科大学)
5. 2017/01 小児理学療法における研究手法(日本大学文理学部百周年記念館国際会議場)
全件表示(11件)
■ 教育上の能力
●作成した教科書、教材
1. 2015/04/01~ 実習レポート評価におけるルーブリック評価法の確立
2. 2016/04/01~ プレゼンテーション評価におけるルーブリック評価法の確立
●教育に関する発表
1. 2016/02/09 実習レポート評価におけるルーブリック使用の試み
2. 2017/05/12 レポート指導におけるルーブリック指導と個別指導の指導する順序の違いによる学習効果
■ 社会における活動
1. 2013/12~ 東京都理学療法協会 小児福祉部 在籍
2. 2016/01~ 東京都理学療法士協会 理学療法東京 査読委員
3. 2016/09~ 日本理学療法士学会 日本支援工学理学療法学会 研究協力者
■ 所属学会
1. 2008/04~ 東京都理学療法士協会
2. 2008/04~ 日本理学療法士協会
3. 2009/05~2013/09 徒手理学療法学会
4. 2010/06~ 日本保健科学学会
5. 2010/10~2013/03 日本脳性麻痺の外科研究会
全件表示(7件)
■ 委員会・協会等
1. 2008/04/01~ 日本理学療法士協会
■ 受賞学術賞
1. 2016/01 理学療法ジャーナル賞 奨励賞
2. 2016/10 第26回日本保健科学学会学術集会 奨励賞
3. 2017/09 第九回日本保健科学学会 奨励賞
■ 資格・免許
1. 2018/04 専門理学療法士(神経系)