(最終更新日:2018-11-05 14:04:08)
  クスモト ヤスアキ
  楠本 泰士
   所属   医療保健学部 理学療法学科
   職種   専任講師
■ 職歴/学内役職・委員
1. 2014/04~2016/03 東京工科大学医療保健学部 学生委員会 委員
2. 2016/04~ 東京工科大学 情報管理委員会 委員
3. 2018/04~ 東京工科大学 国際委員会 委員
■ 著書・論文歴
1. 2018/10 論文  Effects of an underwear-type hip abduction orthosis on sitting balance and sit-to-stand activities in children with spastic cerebral palsy (共著) 
2. 2018/10 論文  青年期軽度発達障害児と健常児の平衡機能の比較 (共著) 
3. 2018/08 論文  傾斜条件における重心動揺の検討 (共著) 
4. 2018/08 論文  子どもの運動機能と運動習慣の調査から見えてきた現状 (共著) 
5. 2018/08 論文  幼児期における運動の協調性と感覚異常の関連性の検討 (共著) 
全件表示(62件)
■ 学会発表
1. 2018/10/03 健常高校生における運動前後の筋収縮特性の比較(第28回日本保健科学学会学術集会(荒川区))
2. 2018/10/03 健常高校生における筋収縮特性と体組成の関係(第28回日本保健科学学会学術集会(荒川区))
3. 2018/10/03 特別支援学校知的学級児における協調動作の特徴(第28回日本保健科学学会学術集会(荒川区))
4. 2018/10/03 痙直型脳性麻痺両麻痺児の立位姿勢における脊髄興奮性の変化 H反射を用いたpilot study(第28回日本保健科学学会学術集会(荒川区))
5. 2018/09/13 The Investigation of Child's Motor Function and Motor Habits, pain The Sports Fair in Japan(The International Association for the Study of Pain 2018 (Boston))
全件表示(111件)
■ 講師・講演
1. 2010/06 選択的筋解離術について(総論)(神奈川県立こども医療センター)
2. 2011/03 選択的筋解離術について(各論)(神奈川県立こども医療センター)
3. 2015/02 脳性麻痺児の評価 手術適応の状態や時期について
4. 2015/09 脳性麻痺の運動学習(東京工科大学)
5. 2017/01 小児理学療法における研究手法(日本大学文理学部百周年記念館国際会議場)
全件表示(11件)
■ 教育上の能力
●作成した教科書、教材
1. 2015/04/01~ 実習レポート評価におけるルーブリック評価法の確立
2. 2016/04/01~ プレゼンテーション評価におけるルーブリック評価法の確立
●教育に関する発表
1. 2016/02/09 実習レポート評価におけるルーブリック使用の試み
2. 2017/05/12 レポート指導におけるルーブリック指導と個別指導の指導する順序の違いによる学習効果
■ 社会における活動
1. 2013/12~ 東京都理学療法協会 小児福祉部 在籍
2. 2016/01~ 東京都理学療法士協会 理学療法東京 査読委員
3. 2016/09~ 日本理学療法士学会 日本支援工学理学療法学会 研究協力者
■ 所属学会
1. 2008/04~ 東京都理学療法士協会
2. 2008/04~ 日本理学療法士協会
3. 2009/05~2013/09 徒手理学療法学会
4. 2010/06~ 日本保健科学学会
5. 2010/10~2013/03 日本脳性麻痺の外科研究会
全件表示(7件)
■ 委員会・協会等
1. 2008/04/01~ 日本理学療法士協会
■ 受賞学術賞
1. 2016/01 理学療法ジャーナル賞 奨励賞
2. 2016/10 第26回日本保健科学学会学術集会 奨励賞
3. 2017/09 第九回日本保健科学学会 奨励賞
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2010/07~2011/03  脳性麻痺を中心とした選択的痙性コントロール術に関するアンケート調査 競争的資金等の外部資金による研究 (キーワード:アンケート調査)
2. 2014/04~2016/03  痙直型脳性麻痺児におけるトレーニング種目別効果と下肢随意性との関係 若手B (キーワード:脳性麻痺、随意性、トレーニング、筋力、立ち上がり運動)
3. 2015/04~2019/03  多職種の観察の視点を活かした支援者連携モデルの構築 多職種の観察の視点を活かした支援者連携モデルの構築 
4. 2015/05~2016/03  脳性麻痺患者における Box and Block Test の信頼性と妥当性 競争的資金等の外部資金による研究 
5. 2016/04~2019/03  発達障害児における運動発達の特徴に焦点を当てた機能把握と発達促進プログロムの開発 基盤研究(C) 
全件表示(6件)