(最終更新日:2018-02-06 17:49:55)
  ウエノ サトシ
  上野 聡
   所属   工学部 応用化学科
   職種   専任講師
■ 職歴/学内役職・委員
1. 2005/04~2007/12 日本学術振興会 日本学術振興会特別研究員(DC1)
2. 2007/02~2007/09 米国イリノイ大学 アーバナ・シャンペン校 訪問研究員
3. 2008/01~2009/09 九州大学大学院 理学研究院化学部門 特任助教
4. 2009/10~2014/03 九州大学大学院 理学研究院化学部門 助教
5. 2014/04~2015/03 東京工科大学 メディア学部 メディア学科 専任講師
全件表示(12件)
■ 専門分野
有機化学, 合成化学 
■ 著書・論文歴
1. 2017/10 論文  Palladium-catalyzed Benzylic Substitution of Benzyl Carbonates with Phosphorus Nucleophiles (共著)  Link
2. 2016/11 その他  ケトンのβ位における結合形成反応の開発 (単著) 
3. 2013/01 著書  有機金属化学創薬における化合物探索法を大きく変えた触媒反応:Buchwald-Hartwigアミノ化とエーテル化反応 (単著) 
4. 2012/12 論文  β-Amination of Saturated Nitriles through Palladium-Catalyzed Dehydrogenation/1,4-Addition/Re-dehydrogenation (共著) 
5. 2012/06 論文  Synthesis of 4-Quinolones through Nickel-Catalyzed Intramolecular Amination on the β-Carbon of o-(N-Alkylamino)propiophenones (共著) 
全件表示(20件)
■ 学会発表
1. 2016/12/03 薄層クロマトグラフィー解析ツールの開発(第8回 コンソーシアム八王子 学生発表会)
2. 2014/07/30 触媒的逐次脱水素化によるドナー・アクセプター型π電子共役オレフィンの新規構築法(2014旭硝子財団研究成果報告会)
3. 2014/01/11 Selective Carbon-Nitrogen Bond Formation at the Remote Position through Catalytic Sequential Dehydrogenation of Saturated Carbonyl Compounds(The 3rd International Conference on MEXT Project of Integrated Research on Chemical Synthesis)
4. 2014/01/10 Carbon–Nitrogen Bond Formation at the δ-Position through a Sequential Palladium-Catalyzed Dehydrogenation of Saturated Carbonyl Compounds(The 3rd International Conference on MEXT Project of Integrated Research on Chemical Synthesis)
5. 2013/10/31 パラジウム触媒を用いた飽和ケトンの触媒的二重脱水素化反応(文科省特別経費「統合物質創製化学推進事業」第4回統合物質シンポジウム)
全件表示(84件)
■ 教育上の能力
●教育方法の実践例
1. 2015/04~2017/03 Webクラウドシステムを利用した研究指導の実践
2. 2016/10~ 有機化学・物理化学強化プロジェクト(有機化学担当)
3. 2017/04~ ICTをフル活用した授業システムの実践
4. 2017/10~ 有機合成化学演習
●作成した教科書、教材
1. 2015/04~ 応用化学科の学生向けの情報リテラシーおよび情報リテラシー演習の資料の作成
全件表示(8件)
■ 社会における活動
1. 2015/04~2016/03 日本科学協会サイエンスメンター制度 メンター
2. 2015/11~2015/11 逗子開成高等学校 土曜講座担当
3. 2016/09~2016/09 日本テレビ「NEWS ZERO」取材協力
4. 2017/07 埼玉県立越ケ谷高等学校 出張講義
5. 2017/10~2018/03 東京農工大学工学部化学システム工学科 非常勤講師
■ 所属学会
1. 2002~2007 日本化学会
2. 2008~ アメリカ化学会
3. 2008~ 近畿化学協会
4. 2008~ 日本化学会
5. 2008~ 有機合成化学協会
■ 委員会・協会等
1. 2014/10~2014/12 日本化学会第95春季年会(2015) プログラム編成委員(有機化学-有機金属化合物)
2. 2016/10~2016/12 日本化学会第97春季年会(2017) プログラム編成委員(有機化学-有機金属化合物)
3. 2017/10~2017/12 日本化学会第98春季年会(2018) プログラム編成委員(有機化学-有機金属化合物)
■ 受賞学術賞
1. 2012/02 有機合成化学協会 田辺三菱製薬研究企画賞
2. 2014/02 有機合成化学協会 東レ研究企画賞
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2005/04~2008/03  不活性結合切断を経る新しい触媒的宮能基化反応の開発 特別研究員奨励費 
2. 2006/04~2007/03  Ruthenium-Catalyzed Chemoselective C-C Bond Formation via the Cleavage of Unreactive C-H and C-O Bonds 競争的資金等の外部資金による研究 
3. 2011/04~2013/03  カルボニル化合物の脱水素を鍵とするδ位脂肪族炭素-水素結合変換反応の開発 新学術領域研究「分子活性化」 公募研究 
4. 2011/04~2014/03  電子求引基を有するアルキル鎖のβ位におけるメチレン基酸化法の開発 若手研究(B) 
5. 2012/04~2014/03  塩基性中における飽和ケトンの直截二重脱水素化反応の開発 競争的資金等の外部資金による研究 
全件表示(8件)
■ ホームページ
   東京工科大学工学部応用化学科有機合成化学研究室(上野研究室)