ホソガヤ シゲミ
  細萱 茂実
   所属   医療保健学部 臨床検査学科
   職種   教授
言語種別 日本語
発行・発表の年月 1997/04
形態種別 学術論文
標題 statistical quality controlの意義
執筆形態 共著
掲載誌名 臨床検査
出版社・発行元 医学書院
巻・号・頁 第41巻(第4号),380-386頁
著者・共著者 細董茂実
概要 臨床検査の測定誤差は、分析法の固有誤差、試薬・機器の時間的変動への対処、また分析法の校正に伴う要因に分けられる。これら誤差要因を統計的モデル化し、情報科学手法で解析し、信頼性向上につなげる分析法の管理方法を報告した。
本人担当部分:研究目的・研究計画設定、実施、結果解析・考察、論文作成の全過程