ホソガヤ シゲミ
  細萱 茂実
   所属   医療保健学部 臨床検査学科
   職種   教授
言語種別 日本語
発行・発表の年月 2016
形態種別 学術論文
査読 査読有り
標題 Multianalyte Conventional Reference Material (MacRM): A Useful Tool for Nationwide Standardization of Laboratory Measurements for Medical Care-A Model Study in Japan.(日本の臨床検査標準化のための多項目標準物質)
執筆形態 共著
掲載誌名 Clinical Chemistry
掲載区分国外
出版社・発行元 AACC
巻・号・頁 62(2),392-406頁
著者・共著者 Katsuyuki Shinohara, Naotaka Hamasaki, Yasushi Takagi, Yutaka Yatomi, Hiroshi Kikuchi, Shigemi Hosogaya, Yohko Kawai, Hayato Miyachi, Kenji Kaneko, Yoshifumi Miyajima, Hiroyuki Matsumoto, Yoshikazu Yamamoto, Miyuki Iwagami, Susumu Osawa, Mamoru Umeda, Hirofumi Koide, Daisuke Yoshimura, Hideo Kato(篠原克幸、細萱茂実、他)
概要 臨床検査値の施設間差の管理・改善のためには、それを評価する管理試料の作成が不可欠である。そこで、臨床化学検査・免疫化学検査の多項目の精度管理に適用でき、日本の臨床検査標準化に寄与できる多項目標準物質の作製を試み、実用化の方向を示すことができた成果を報告した。