ホソガヤ シゲミ
  細萱 茂実
   所属   医療保健学部 臨床検査学科
   職種   教授
言語種別 日本語
発行・発表の年月 2006/03
形態種別 学術論文
標題 Analysis of prognostic factors in therapeutic responses to interferon in patients with chronic hepatitis C (博士論文)(慢性C型肝炎インターフェロン療法に関する予後予測因子の解析)
執筆形態 共著
掲載誌名 (発表雑誌) Translational research , August2006
出版社・発行元 (学位授与大学) 山梨大学
巻・号・頁 Volume 148(Number 2),79-86頁
著者・共著者 Shigemi Hosogaya,Yukio Ozaki, Nobuyuki Enomoto, and Yoshihiro Akahane(細萱茂実、尾崎由基男、他)
概要 慢性C型肝炎のインターフェロン療法の治療効果予測因子として、ウイルス側要因の確認に加え、宿主である患者側要因 の関与を解明した。 多変量解析を駆使し、ウイルス側要因の重要性を確認し、宿主側要因と して肥満度や血清総蛋白量の関与の深さを明らかにした。 脂肪肝と治療効果との関連の報告はあるが、血清蛋白の関与の報告ははじめてで、患者側要因の重要性を示した報告である。
本人担当部分:研究目的・研究計画設定、実験計画・実施、結果解析・考察、論文作成の全過程