フジサキ ミノル   MINORU FUJISAKI
  藤崎  実
   所属   メディア学部 メディア学科
   職種   専任講師
言語種別 日本語
発行・発表の年月 2018/10
形態種別 学術講演予稿集(学会、研究会を含む)
標題 「健全なWOM発信に向けたインフルエンサーとの関係構築 ー「関係性明示」記載の必要性と表記をめぐってー」
執筆形態 単著
掲載誌名 『日本広報学会 第24回研究発表全国大会 予稿集』
掲載区分国内
出版社・発行元 日本広報学会
巻・号・頁 46-49頁
著者・共著者 藤崎実
概要 「日本広報学会 第24回研究発表全国大会」で口頭発表した内容の予稿原稿。

企業プロモーションの一環であるインフルエンサー・マーケティングをテーマにした調査研究報告。ステルス・マーケティング対応の諸策のひとつとして米国では、米連邦取引委員会(FTC)が、日本でもWOMマーケティング協議会が「ガイドライン」を制定している。

インフルエンサーが企業プロモーションを行う際には、消費者保護の観点から「関係性の明示」が必要となる。#(ハッシュタグ)による便益タグの表記の違いによる消費者の印象と認識について、調査と分析を行い、原稿とした。