スガワラ ヒトシ
  菅原 仁
   所属   医療保健学部 理学療法学科
   職種   教授
言語種別 日本語
発行・発表の年月 2013/09
形態種別 著書
標題 義肢装具学テキスト改訂第2版
執筆形態 共著
掲載区分国内
出版社・発行元 南江堂
巻・号・頁 217-233頁
著者・共著者 編集:磯崎弘司、両角昌実、横山茂樹
分担執筆:菅原 仁、宮原夏子・他
概要 切断の理学療法評価は包括的であり、評価から得られた多くの情報をもとに理学療法が実践される。評価の主軸をなすものとして、①全身及び断端の運動機能の評価、②切断原因及び併存疾患(comorbidity)に関連した評価、③四肢の欠損により生じる心理面の評価である。これらの理学療法評価方法について具体的に解説した。版を重ね、必要とされている評価方法を追加した。
分担:切断者の評価①全体評価