カメダ ヒロユキ   Hiroyuki KAMEDA
  亀田 弘之
   所属   コンピュータサイエンス学部 コンピュータサイエンス学科
   職種   教授
言語種別 日本語
発行・発表の年月 1996
形態種別 学術論文
標題 日本語の文法および未
  知の認知単位の自動獲
得のための一手法
執筆形態 共著
掲載誌名 自然言語処理(言語処理学会論文誌)
出版社・発行元 言語処理学会
巻・号・頁 3(4),115-128頁
著者・共著者 執筆者:横田和章、亀田弘之、藤崎博也
概要 心理実験により、人間が文を理解する場合の単位(認知単位)を明らかにするとともに、遺伝的アルゴリズムの一手法であるアニーリング法を用いて、日本語文(天気予報文)コーパスから文法規則を自動獲得する確率モデルに基づく手法を提案し、実際に自動獲得実験を行いその基本的有効性を明らかにした。これは、亀田の博士論文(指導教官:藤崎博也)の一部と、横田の博士論文(指導教員:藤崎博也)とをまとめたものである。亀田は認知単位の概念を提唱し、その実在を心理実験で証明した。また、確率モデル手法の妥当性の検証も担当した。