カメダ ヒロユキ   Hiroyuki KAMEDA
  亀田 弘之
   所属   コンピュータサイエンス学部 コンピュータサイエンス学科
   職種   教授
言語種別 日本語
発行・発表の年月 2002/03
形態種別 学術講演予稿集(学会、研究会を含む)
標題 帰納論理プログラミングに基づく統語規則(その2) -Prologパラメタの最適値の検討-
執筆形態 共著
掲載誌名 電子情報通信学会技術研究報告, TL2001-41
出版社・発行元 電子情報通信学会
巻・号・頁 49-56頁
著者・共著者 執筆者:亀田弘之、大森法子、久保村千明、野村克浩
概要 帰納論理プログラミングシステムProgolによる、統語獲得手法では、Progolのシステムパラメータを適切に設定しなければならない。本論分では、実験計画法の手法により、これらのパラメータの最適値を実験的に求めた。亀田は、研究計画、実験設計、実験素材の収集・整備、実験の実施、実験結果の統計的分析を担当した。