カメダ ヒロユキ   Hiroyuki KAMEDA
  亀田 弘之
   所属   コンピュータサイエンス学部 コンピュータサイエンス学科
   職種   教授
言語種別 日本語
発行・発表の年月 2000/05
形態種別 学術雑誌,解説・総説
標題 Inductive Logic Programming に基づく日本語統語規則獲得実験
執筆形態 共著
掲載誌名 電子情報通信学会技術研究報告,TL2000-4
出版社・発行元 電子情報通信学会
巻・号・頁 25-32頁
著者・共著者 執筆者:亀田 弘之・久保村 千明・大森 法子
概要 本格的な日本語処理システムを作成するためには、大規模な日本語文法システムが必要である。本論文では、大規模かつ実用的な文法規則を自動的に獲得する手法として、帰納論理プログラミングを採用し、その基本的有効性を確認するために、日本語・英語に関して小規模ながら実験を行った。亀田は、研究の発案、計画、実行すべてにわたり担当した。