カメダ ヒロユキ   Hiroyuki KAMEDA
  亀田 弘之
   所属   コンピュータサイエンス学部 コンピュータサイエンス学科
   職種   教授
言語種別 日本語
発行・発表の年月 1988/09
形態種別 学術雑誌,解説・総説
標題 語彙調査における語の
出現頻度順位と標本数
との関係に着目する標
本数決定法
執筆形態 共著
掲載誌名 計量国語学会誌 (第三十二回大会 研究発表会発表 要旨)
出版社・発行元 計量国語学会
巻・号・頁 16(17),331-332頁
著者・共著者 執筆者:亀田弘之、藤崎博也
概要 従来から統計学の分野で知られている標本数決定方法といわゆるZipfの法則とをもとに、単語の出現頻度順位(もしくは単語の出現確率)と標本数との関係を導出した結果について述べた。また、過去に行われた語彙調査結果を素材としてこの関係式の有効性を示した。亀田は、基本アイデアの提案と理論的分析を担当した。