イシグロ ケイオウ
  石黒 圭応
   所属   医療保健学部 理学療法学科
   職種   教授
言語種別 日本語
発行・発表の年月 2018/12
形態種別 学術論文
査読 査読有り
標題 傾斜歩行が下肢に与える影響
執筆形態 共著
掲載誌名 日本整形靴技術協会誌
掲載区分国内
出版社・発行元 日本整形靴技術協会
巻・号・頁 3,13-16頁
総ページ数 4
著者・共著者 松下和哉、中山孝、石黒圭応、飛田諒、阿部薫
概要 勾配約7度の実験用傾斜路を用いて、平地、登り斜面、下り斜面の環境を作成し、立脚期初期から立脚中期の歩行解析を行った。被検者は健常成人7名。三次元動作解析装置VICON、筋電計DELSISを使用し各条件を計測した。その結果、平地、下り斜面と登り斜面を比較し登り斜面にて股関節屈曲角度、大腿二頭筋、前脛骨筋が優位に増大し、特に大殿筋においては著明に増大した。これは登り斜面において股関節を大きく屈曲して斜面に足底接地する必要があり、重心を上・前方に推進するために大殿筋をはじめ大腿二頭筋、前脛骨筋を強く働かせなければならないためと考えた。
論文(査読付)ファイル DOWNLOAD