イシグロ ケイオウ
  石黒 圭応
   所属   医療保健学部 理学療法学科
   職種   教授
言語種別 日本語
発行・発表の年月 2013/03
形態種別 その他
標題 通所リハビリの実態
執筆形態 共著
掲載誌名 家族と生活
出版社・発行元 お茶の水ヒューマンライフシステム研究会
巻・号・頁 132頁
著者・共著者 富田守,真家和生ほか,執筆担当:石黒圭応/コラム 通所リハビリの実態
概要 本書では,通所リハビリテーションというシステムの紹介と概要を説明した.その中でも腰痛や関節痛,あるいは肩こりなどの運動器疾患に苛まれている高齢者が多く,これらは運動器症候群(ロコモーティブシンドローム)と呼ばれている.その対象の中で行っている機能評価(TUG,片脚立位時間,下肢筋力)と通所から4カ月経過した利用者の機能評価の変化を紹介し,これからの通所リハビリテーションの問題点と未来を論じた.