イシグロ ケイオウ
  石黒 圭応
   所属   医療保健学部 理学療法学科
   職種   教授
言語種別 日本語
発行・発表の年月 2008/03
形態種別 その他
査読 査読有り
標題 異なるハンドグリップを使用した立ち上がりの研究(平行棒)
執筆形態 共著
掲載誌名 新潟医療福祉学会誌
掲載区分国内
巻・号・頁 7(1),78-83頁
著者・共著者 石黒圭応,江原義弘,黒川幸雄,佐藤成登志,阿部薫
概要 平行棒の握り手の違う2つのタイプ(丸型・平型)を使用し,握り手の位置を体幹の横,膝の上(前方)へと変化させ,脳卒中右片麻痺患者を想定し,片手立ち上がり動作を実施した.症例は7名の健常成人で,3次元動作解析器(VICON)及び筋電計(EMG)を同期させ実験を行った.その結果,丸型の握り手の場合,膝の上で引く力が強くなり,平型の握り手の場合,体幹の横で押す力が大きくなった.