東京工科大学 教員業績   
     
     


  ミカミ コウジ   Koji Mikami
  三上 浩司
   所属   メディア学部 メディア学科
   職種   教授
言語種別 日本語
発行・発表の年月 2015/11
形態種別 学術論文
査読 査読あり
標題 香盤表作成のための構造化シナリオを用いたシーン情報抽出手法
執筆形態 共著
掲載誌名 芸術科学会論文誌
掲載区分国内
出版社・発行元 芸術科学会
巻・号・頁 14(5),229-237頁
著者・共著者 戀津魁, 三上浩司, 近藤邦雄
概要 映像制作における中間生成資料として,香盤表が存在する.作品中の各シーンにおける舞台や登場する人物をまとめたものであり,撮影を行う際のスケジューリング等に必要な資料である.この香盤表はシナリオの情報をもとにして作成されるが,シナリオからの変換は人の手で情報を読み出して行われている.シナリオからの情報読み出しを支援するために,本研究では構造化シナリオを用いたシーン情報抽出手法を提案した.構造化シナリオはシナリオを執筆しながらその内容を分析しアノテーションを行ったものであり,テキストであるシナリオを構造化し情報抽出を行えるようにしたものである.シナリオ執筆時に行われたアノテーションでは香盤表を作成するのに必要な情報が不足している.本提案手法では不足分の情報を抽出する支援を行うシステムを実装し,構造化シナリオ情報から香盤表を作成する実験を行った.実験の結果,香盤表作成に必要な情報を問題なく抽出できることが確認できた.また,本提案システムを利用せずに香盤表を作成した場合と比較して,情報の読み出し作業にかかる時間も約3 割~4 割程度削減できることがわかった.構造化シナリオとこのシステムを用いることによって,香盤表の作成を効率化し,映像制作作業の支援ができることが明らかになった.
論文(査読付)ファイル DOWNLOAD
外部リンクURL http://www.art-science.org/journal/v14n5/v14n5pp229/artsci-v14n5pp229.pdf

著作権情報