東京工科大学 教員業績   
     
     


  ミカミ コウジ   Koji Mikami
  三上 浩司
   所属   メディア学部 メディア学科
   職種   教授
言語種別 日本語
発行・発表の年月 2013/03
形態種別 学術論文
査読 査読あり
標題 特徴的な動き方を考慮したオーロラのビジュアルシミュレーション
執筆形態 共著
掲載誌名 芸術科学会論文誌
出版社・発行元 芸術科学会
巻・号・頁 12(1)
著者・共著者 小島啓史,竹内亮太,渡辺大地,三上浩司
概要 自然景観のビジュアルシミュレーションは,3DCG の重要な研究分野の 1 つである.これまでに様々な自然景
観を再現する手法の開発が行われており,教育,産業などの幅広い分野において活用する機会が増加している.
本研究では,北極や南極付近の極地方に現れるオーロラに着目した.オーロラのビジュアルシミュレーションで
は,オーロラの形,運動,色といった特徴や,その発生メカニズムを利用することで,オーロラと 3DCG の視
覚的印象が類似した動画を自動生成できる.本研究ではオーロラの特徴的な動き方と,レンダリング品質の両
立を目的とした.オーロラの特徴的な動きを荷電粒子の運動として扱うことで再現した.荷電粒子の運動を再
現するために電磁場シミュレーションを行い,荷電粒子の分布の状態によって解析領域を更新することで,解
析領域外に飛び出した荷電粒子に対応した.また,物理的な発光過程のシミュレーションに合わせて光の減衰
を考慮することで,オーロラに適したレンダリング手法を提案する.オーロラの特徴的
ISSN 1347-2267

著作権情報