オカダ マイコ   Maiko OKADA
  岡田 麻衣子
   所属   応用生物学部 応用生物学科
   職種   助教
言語種別 英語
発行・発表の年月 2018/02
形態種別 学術論文
査読 査読あり
標題 Ouabagenin is a naturally occurring LXR ligand without causing hepatic steatosis as a side effect.
執筆形態 共著
掲載誌名 Scientific reports
掲載区分国外
出版社・発行元 Springer Nature Publishing AG
巻・号・頁 8,pp.2305
著者・共著者 *S. Tamura,*M. Okada (*equally contributed), S. Kato, N. Shinoda, K. Fukunaga, K Ui-Tei and M Ueda
概要 生理活性を持たないと考えられていた植物配糖体アグリコンの創薬シーズとしての有用性を報告した論文:本研究では、強心配糖体アグリコンであるウアバゲニンが哺乳類の腎臓において生理活性を発揮することを初めて見出した。ウアバゲニンを核内受容体群のリガンドスクリーニング系に供したところ、ウアバゲニンが肝臓X受容体(liver x receptor:LXR)のアゴニストであることが明らかとなった。さらに、ウアバゲニンはLXRを介して腎臓の上皮性ナトリウムチャネルの発現を抑制したことから、ウアバゲニンが高血圧症の創薬シーズになる可能性が示唆された。
DOI 10.1038/s41598-018-20663-z
論文(査読付)ファイル DOWNLOAD
外部リンクURL https://www.nature.com/articles/s41598-018-20663-z