オカダ マイコ   Maiko OKADA
  岡田 麻衣子
   所属   応用生物学部 応用生物学科
   職種   助教
言語種別 英語
発行・発表の年月 2016/09
形態種別 学術論文
査読 査読あり
標題 Fungus-derived Neoechinulin B as a novel antagonist of Liver X Receptor, identified by chemical genetics using a hepatitis C virus cell culture system.
執筆形態 共著
掲載誌名 Journal of Virology
掲載区分国外
巻・号・頁 90,pp.9058-9074
著者・共著者 S. Nakajima, K. Watashi, H. Ohashi, S. Kamisuki, J. Izaguirre-Carbonell, AT. Kwon, H. Suzuki, M. Kataoka, S. Tsukuda, M. Okada, ML. Moi, T. Takeuchi, M. Arita, R. Suzuki, H. Aizaki, T. Kato, T. Suzuki, H. Hasegawa, T. Takasaki, F. Sugawara and T. Wakita
概要 C型肝炎ウイルス(HCV)の複製阻害薬の開発を目指した創薬研究:HCV細胞培養系を用いて、宿主でのHCV複製阻害を起こす新規化合物のスクリーニングを行い、真菌由来のネオキヌリンB(NeoB)を同定した。トランスクリプトーム解析により、HCVの複製は宿主のLXRの転写機能を利用しており、NeoBがLXRのアンタゴニストとして機能することで、宿主でのHCV複製を阻害することが示された。
外部リンクURL https://journals.asm.org/doi/10.1128/JVI.00856-16?url_ver=Z39.88-2003&rfr_id=ori:rid:crossref.org&rfr_dat=cr_pub%20%200pubmed