オカダ マイコ   Maiko OKADA
  岡田 麻衣子
   所属   応用生物学部 応用生物学科
   職種   助教
言語種別 英語
発行・発表の年月 2015/02
形態種別 学術論文
査読 査読あり
標題 Dysregulation of retinoic acid receptor diminishes hepatocyte permissiveness to hepatitis B virus infection through modulation of sodium taurocholate cotrasporting polypeptide (NTCP) expression.
執筆形態 共著
掲載誌名 Journal of Biological Chemistry
掲載区分国外
出版社・発行元 American Society for Biochemistry and Molecular Biology
巻・号・頁 290,pp.5673-5684
著者・共著者 S. Tsukuda, K. Watashi, M. Iwamoto, R. Suzuki, H. Aizaki, M. Okada, M. Sugiyama, S. Kojima, Y. Tanaka, M. Mizokami, J. Li, S. Tong and T. Wakita
概要 B型肝炎ウイルス(HBV)の感染阻害薬の開発を目指した創薬研究:HepaRG-based HBV感染システムを用いて低分子化合物スクリーニングを行い、HBV感染抑制剤Ro41-5253を同定した。Ro41-5253はレチノイン酸受容体RARのアンタゴニストであり、RARによるNTCP遺伝子の発現誘導を抑制することで、HBVの宿主への感性を抑制することを報告した。
外部リンクURL https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC4342479/