オカダ マイコ   Maiko OKADA
  岡田 麻衣子
   所属   応用生物学部 応用生物学科
   職種   助教
言語種別 英語
発行・発表の年月 2015/08
形態種別 学術論文
査読 査読あり
標題 The deubiquitinating enzyme USP7 regulates Androgen Receptor activity by modulating its Binding to chromatin.
執筆形態 共著
掲載誌名 Journal of Biological Chemistry
掲載区分国外
出版社・発行元 American Society for Biochemistry and Molecular Biology
巻・号・頁 290,pp.21713-21723
著者・共著者 S. T. Chen, M. Okada, R. Nakato, K. Izumi, M. Bando and K. Shirahige
概要 前立腺がん治療の新たな分子標的候補因子を同定した基礎研究:前立腺がん細胞株より“内在性AR”相互作用因子として、脱ユビキチン化酵素USP7を生化学的に同定した。USP7はARを安定化し、標的遺伝子プロモーター上にリクルートすることが示された。トランスクリプトーム解析により、USP7は多くのAR標的遺伝子群の制御に寄与しており、USP7の阻害剤はAR依存的な前立腺がんの増悪抑制を担う可能性が示唆された。
外部リンクURL https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC4571893/