クスモト ヤスアキ
  楠本 泰士
   所属   医療保健学部 理学療法学科
   職種   専任講師
言語種別 日本語
発行・発表の年月 2014/02
形態種別 学術雑誌,解説・総説
標題 発達障害児の整形外科手術後の理学療法と生活指導
執筆形態 単著
掲載誌名 理学療法ジャーナル
出版社・発行元 医学書院
巻・号・頁 48(2),111-117頁
著者・共著者 楠本泰士
概要 同様の運動レベルの患者でも痙性や関節可動域制限の程度が異なるため,同部位で同じ筋を侵襲していても筋の延長量が症例ごとに異なる.しかし,手術の目的を整理し理解することで,手術の効果や限界を知ることができる.手術の目的を概説し,脳性麻痺患者に多く行われている股関節筋解離術と頸部筋解離術,それらの術後理学療法について紹介する.