クスモト ヤスアキ
  楠本 泰士
   所属   医療保健学部 理学療法学科
   職種   専任講師
言語種別 日本語
発行・発表の年月 2016/07
形態種別 学術論文
査読 査読有り
標題 Impact of loaded sit-to-stand exercises at different speeds on the physiological cost of walking in children with spastic diplegia: A single-blind randomized clinical trial(脳性麻痺痙直型両麻痺児における速度の異なる負荷立ち上がり運動が歩行時エネルギー効率に及ぼす影響:単盲法無作為化臨床試験)
執筆形態 共著
掲載誌名 Research in Developmental Disabilities
掲載区分国外
出版社・発行元 Elsevier
巻・号・頁 57,85-91頁
著者・共著者 Yasuaki Kusumoto, Osamu Nitta, Kenji Takaki
概要 痙直型脳性麻痺児における速度の異なる低負荷STSが歩行時エネルギー効率に及ぼす影響を検証した。14名をゆっくりな速度の立ち座り群と任意の速度の立ち座り群に割り付け、3~4回/週,6週間実施した。ゆっくりとした速度の低負荷STSは,動作時筋力や下肢協調性を改善させ,歩行時のエネルギー効率を改善させる可能性が示唆された。
DOI 10.1016/j.ridd.2016.06.006
外部リンクURL http://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0891422216301184